犬が食べていい野菜・食べてはいけない野菜一覧

手作り食を愛犬に食べさせたいと考える飼い主さんには是非知っておいて欲しいのが、犬には食べさせてはいけない野菜があるということです。人間にとっては無害の野菜でも犬にとっては生命にかかわる場合があります。ここでは犬に与えてもいい野菜と与えてはいけない野菜を紹介しましょう。

犬が食べてはいけない野菜一覧

特に生でも加熱しても与えてはいけない野菜です。

タマネギ・ネギ類

タマネギやネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分が、犬の血液中の赤血球を壊してしまいます。そのため急激な貧血や血尿がみられます。

この成分は、水分にも溶け出すのでタマネギやネギ類の煮汁を犬に与えてもダメですよ。

アボカド

アボカドは人間にとっては多くの栄養成分を含みとても有用なものですが、犬にとってはその果肉・葉・茎などすべてが中毒症状を引き起こす可能性があります。主な症状は、心臓血管系の疾患を引き起こすことがあります。

ぎんなん

ぎんなんに含まれているアルカロイドという成分が中毒症状を起こす可能性があります。また繊維質が多く糖分も多いので下痢などの症状を起こすことがあるので散歩の途中で犬が口にしないように注意しましょう。

スポンサーリンク

犬が食べてもいい野菜

基本的にはネギ類やアボカド・ぎんなん以外の野菜は犬に与えてもいいでしょう。ただ生で与えてもいい野菜と必ず加熱する必要がある野菜があります。また、与えてもいいが量に注意する必要がある野菜もあるので気をつけましょう。

1. 生で与えてもいい野菜

パセリ・キャベツ・キュウリ・にんじん・大根・レタス・小松菜・白菜・オクラ・トマト・くるみ・レンコン・ゴーヤなど

ショウガやニンニクも少量なら生で与えることができます。特にニンニクは、虫などがつきにくいといわれています。またショウガは体を温めたり温湿布に使ったりすることができます。

2.加熱したら与えられる野菜

アスパラガス・ブロッコリー・サツマイモ・ジャガイモ・里芋・なすび・ゴボウ・青梗菜・もやし・ほうれん草・とうもろこし・キノコ類・菜の花

生では与えられませんが、加熱すると犬でも食べることができる野菜もたいへん多くあります。ただ、キノコ類は消化があまりよくないので与える量には注意しましょう。

まとめ

ネギ類やアボカドなど与えてはいけない野菜以外はほとんどの野菜を犬に与えることができます。特にパセリなどは栄養価も高くドッグフードのトッピングとしても使えます。また、キュウリや大根をスティック状にしておやつとして与えてもいいですね。ただし与えすぎないように注意しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です