アメリカンショートヘアの性格や特徴。毛色や模様柄の種類は?

おすすめ!


アメリカンショートヘアという猫の名前は、猫好きではなくとも聞いたことがあるのではないでしょうか?日本でもとても人気のある猫です。ここではこのアメリカンショートヘアの性格や特徴、毛色や模様柄の種類について詳しく紹介していきましょう。

アメショーのルーツ

アメリカンショートヘアは日本ではアメショーという略称で呼ばれていますね。ここではこのアメショーという略称を使っていきます。

このアメショーは、400年ほど前にイギリスからアメリカへ渡ってきました。当初の目的は、愛玩用ではなくネズミやヘビなどの駆除でした。そのため猫には珍しくウォーキングキャット(働く猫)とも呼ばれていました。

その愛らしい顔つきからは想像できないような歴史を持っているのがアメショーです。

アメショーの性格

アメショーはとても人に懐きやすい猫です。人間との良好な関係を保つことがとても上手ですね。とても活発な性格で、物怖じしない子が多いようです。

活発すぎて悪戯などに困っている飼い主も多いようです。ただとても賢い猫なので根気よくしかっていけばよく覚えてくれます。

またネズミなどを捕まえていたため好奇心が旺盛で動く物に反応することが迅速です。猫じゃらしなどで遊ぶことが大好きなので、しっかり遊んであげるととても喜びます。

ただだっこが嫌いな子が多いようで抱かれてもすぐに逃げてしまいます。とにかく自由奔放な性格の子が多いようですね。

アメショーの特徴

草原を走り回っていたこともありとても筋肉質です。また、高いところが苦手な子が多いようですね。

イギリスの寒い気候の中、屋外でネズミなどを捕っていたため短毛で毛の密度が濃いようです。そのためほかの猫に比べると抜け毛が多いといえるでしょう。

また、アメショーの独特の毛色は、突然変異ということです。ちょっと驚きですね。

爪研ぎもほかの猫に比べると盛んにするので爪研ぎ対策も必要です。全体的に野性味あふれたところが猫好きの心をとらえるのでしょう。

スポンサーリンク

アメショーの毛色、模様柄

アメショーの毛色は実際には100種類以上が認められています。日本では、なぜかシルバータビーだけがアメショーのように思われていますが、三毛や黒色のアメショーもいます。ちなみにタビーというのはアメショーに独特の雲のような縞模様のことです。

日本ではタビーのあるアメショーがとても人気があります。ここではタビーを中心に毛色を紹介しましょう。

1. シルバータビー

最もポピュラーなアメショーです。日本で多く販売されているカラーですね。シルバーの地色にブラックのタビーマークはとても印象的ですね。

2. バイカラー ブラック&ホワイト

(調整中)

日本では大変珍しい毛色です。タビーではありませんが、アメショーでは代表的な毛色のひとつです。

3.ブラウンタビー

地色がブラウンにブラックのタビーがあります。

4. カメオタビー

見た感じではレッドタビーなのですが、毛の根元がクリーム色の物をカメオタビーといいます。

5.レッドタビー

根元まで毛色がレッドのタビーです。カメオタビーよりもレッドがはっきりしているように見えます。

6.パチッドタビー

メス猫にしかでないカラーです。三毛猫の縞模様という感じですね。とてもおもしろい毛色です。

アメショーの毛色は、本当に多く抑制遺伝子の有無で毛色が変わってきます。実際には写真だけではわかりにくいところがあります。ときにはペットショップも毛色を間違えることもあるくらいですよ。もし毛色にこだわって購入を検討するのであれば、実際に猫をみた方がいいでしょう。

まとめ

アメショーのとても活発で好奇心旺盛な性格は、飼い主をとても楽しませてくれます。そのためアメショーと一度暮らしてみるとその魅力に虜になってしまうことは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です