三毛猫の雄の確率とその価格?性別の見分け方など。

三毛猫は日本猫独特の模様です。この三毛猫、ほとんどが雌ですよね。三毛猫にオス猫はいるのでしょうか?その産まれる確率を調べてみました。また猫の性別ってとても見分けにくいですよね。ここでは猫の性別の見分け方もあわせて紹介しましょう。

三毛猫は日本独特の猫です

三毛猫はオレンジ、黒、白の3色または縞模様とオレンジ、白3色の毛色を持つ猫のことです。この三毛猫、日本独特の猫だということを知っていますか?日本ではよくみかける三毛猫ですが、海外ではほとんどみることはありません。その理由は、オレンジの毛色の遺伝子を持つ猫が海外には少ないからなのです。

三毛猫に雌が多い理由

猫はその毛色を決める遺伝子は雄、雌の性別を決める遺伝子も併せ持っています。三毛猫はほとんどが黒、オレンジ、白の組み合わせですよね。このうちの黒とオレンジの毛色は雌の遺伝子(X)を持っています。

つまりオレンジと黒の毛色を同時に持つためには染色体がXXでなければなりませんよね。そのために三毛猫には雌が多いのです。

三毛猫にも雄はいます

三毛猫の雄は3万分の1の確率で産まれることがあります。しかしこの場合、クラインフィルター症候群という染色体の異常が原因で産まれるのです。三毛猫の雄の染色体はXXYと考えられています。三毛猫の雄は本当に産まれる確率が低く、また繁殖能力がなく短命ともいわれています。

三毛猫の雄の価格は?

三毛猫は基本的には日本猫でペルシャ猫やロシアンブルーなどのような血統書がある猫ではありませんよね。ですから、価格はつけられないというのが本当のところでしょう。

ただ三毛猫の雄が産まれる確率がたいへん低く希少な猫であることは確かです。欲しい人にとっては高額でも手に入れたいと考えるでしょう。そのためあるテレビ番組では3000万円で買われたと紹介されています。また稀に純血種で三毛猫の雄が産まれることがあります。いずれにしてもそこまで高額ではなくても数百万円で取引されることはあります。

スポンサーリンク

猫の性別の見分け方

子猫のときに猫の性別を見分けるのは獣医師でも間違えることがあるほど難しいといえます。ここでは性別を見分けるためのいくつかのポイントを紹介しましょう。

1, 生殖器で見分ける

猫の生殖器は、子猫のときは特にわかりにくいですよね。でも見分けるポイントがあります。

まずは肛門と尿が出るところとの距離です。この長さが2㎝くらいあれば雄、1㎝と短ければ雌です。

また雄の場合、大きくなったときに陰嚢が入る袋のようなものがあります。小さいですが触ってみるとよくわかります。

2, 毛色で見分ける

三毛猫のような毛色の猫は、染色体異常がない限りほとんどの場合雌です。また、茶トラなど赤っぽい色合いの毛色を持つ猫はほとんど雄です。

一般的な見分け方なので確実ではありません。必ずほかの方法でも確認してみましょうね

3, 発情期の行動や体格などで見分ける

発情期になると猫は雄を呼ぶような鳴き方をしますね。雄は自宅から脱走ししばらく帰ってこなかったりします。

多くの雌猫は雄猫よりも一回りからだが小さいことが多いでしょう。また雄の方が、骨格やあごが発達しています。

また性格でもある程度見分けられます。雄は、やんちゃで甘えん坊、雌はクールで気分屋といった感じですね。

いろいろな方法で猫の性別を見分けることが可能ではありますが、一番確実なのはやはり生殖器を確認することでしょう。ただ生後4週間くらいまでの子猫は、小さくて生殖器が見にくいので性別が的中しないことが多いですね。獣医師でもその的中率は80パーセントくらいです。

またあまり早く子猫に人間が触ると人間の臭いが子猫についてしまい、母猫は育児放棄することがあるので注意しましょう。

まとめ

三毛猫の雄は、本当に希少な猫ですね。ただ染色体異常のため短命傾向にあるというのは残念です。

また、猫の性別を見分けるのは本当に難しいですね。もし猫に名前をつけたあとに性別が違うことがわかったら早めに名前を変更して上げましょうね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です