三毛猫の性格はきつい?その特徴は。

日本にいる猫の約4%が三毛猫です。本当に日本ではよく見かける猫ですよね。でも三毛猫の性格や特徴を皆さん考えたことはありますか?ここでは、そのかわいさの虜になってしまった方も多いという三毛猫の性格と特徴を紹介しましょう。

三毛猫ってどんな猫??

一番よく見かけるのが黒、オレンジ、白の3色の毛色を持った猫ですね。このほか白、キジ模様、オレンジが入っているものを「縞三毛」、白、オレンジ、こげ茶の3色の猫を「キジ三毛」、白地に黒、オレンジがポイントのように入っている猫を「とび三毛」と区別していることもあります。

三毛猫は、3色の毛色を持つ猫ということですね。三毛猫は、日本では本当に一般的な猫でどこにでもいる猫というイメージですよね。でも海外ではとても珍しい毛色で猫愛好家の中には、わざわざ日本まで三毛猫を探しに来る方もいるそうです。外国ではオレンジの毛色の遺伝子を持った猫が少ないため三毛猫が少ないのです。

三毛猫の最大の特徴はほとんどすべての三毛猫の性別が「雌」ということです。稀に三毛猫の雄が産まれますがその確率は大変低いといえます。

三毛猫の性格は?

三毛猫はよく「猫の中の猫」といわれることがあります。とても猫らしい性格を持っているのです。

1.プライドが高い

三毛猫はとてもプライドが高い猫です。ちょっと「ツン」としたところがあり、人を怖がることはあまりありません。ただなかなか人間やほかの動物に心を許すことはないといえます。その反面、一度心を許すと飼い主に対して精一杯の愛情を注いでくれるでしょう。

また、つねに「自分が一番」という扱いを好む猫が多く、多頭飼いの場合は三毛猫がすねたりしないように飼い主が気を配って上げることが大切です。

スポンサーリンク

2.母性本能がとても強い

三毛猫はとても母性本能が強く、我が子を守るためには自分の命を犠牲にしてでも守るという猫もいます。ただしこれは自分の子どもに対してだけのことで、ほかの猫の子どもには全く関心がないことが多いですね。

3. クールで気分屋さん

クールでとても気分屋さんのところがあります。さっきまで「ゴロゴロ」のどを鳴らして機嫌がよかったのに急に怒り出したりすることがあります。とにかく謎の行動を取ることが多々あります。

ときには一人になりたいときがあるのでそのような様子が見えたときにはしばらくそっとしておいてあげましょうね。

とにかく飼い主はこの謎めいたミステリアスな三毛猫に振り回されることもしばしばとか。

4.好き嫌いがはっきりしている

特に食べ物に関しては毎日同じキャットフードだと飽きてしまい、食べなくなることもあります。時々キャットフードの種類をかえたり缶詰を加えたりとバリエーションを増やしてあげましょう。

甘えたいときだけ自分から飼い主によっていきます。そのときはとことん甘えるので満足するまで飼い主はかまってあげると良いですね。満足すると「プイッ」と離れていってしまいますが。

また、三毛猫にとって気に入らないことや嫌なことがあると全身で抗議することもあります。

5.とても賢く要領が良い

外へ出ることがある猫の場合は、飼い主に自慢したいもの(ネズミや小鳥を捕まえたりしたときなど)があるとお土産として持ってくることがあります。

人間との距離の取り方もとても上手ですね。また一度怖い思いをするとよくそのことを覚えています。

まとめ

とても気分屋でお嬢様気質の三毛猫ですが、そのかわいさに多くの猫好きが魅了されています。三毛猫は以外ときれい好きできれいな食器でないと食事をしなかったりしますよ。三毛猫の猫らしい性格を飼い主がしっかり理解してあげることが、三毛猫にとってストレスのない暮らしやすい環境といえるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です