亀の冬眠方法。期間はいつからいつまで?水換えや場所はどうする?

日本など気候に四季がある地域で生息している亀は変温動物なので水温が低下し寒くなってきたら冬眠をします。では、亀の冬眠はどのようにしたらいいのでしょうか?ここでは、亀の冬眠期間、冬眠方法、注意する点などを中心に亀の冬眠について詳しく考えていきましょう。

亀の冬眠期間は?

10月下旬頃から亀は、だんだんと動きが鈍くなってきます。この頃から餌を食べなくなって冬眠に入る準備を始めます。

クサガメやイシガメなどは、住んでいる地域によりますが寒くなる11月頃から暖かくなる3月頃まで冬眠させます。

冬眠させてはいけない亀がいます

冬眠はすべての亀がするわけではありません。リクガメなど熱帯地方で生息している亀は寒さにとても弱いので冬眠させずに亀用のヒーターで水槽の中の温度を一定温度に保つようにしましょう。

生後1,2年の子ガメや体調の優れない亀も冬眠させない方がいいでしょう。冬眠は、とても体力が必要なので、体力のない子ガメや体調の悪い亀は冬眠中に死んでしまう可能性がとても高くなります。

亀の冬眠の方法

亀を冬眠させるには2つの方法があります。ひとつは土の中で冬眠させる方法、もう一つは水槽の中で冬眠させる方法です。ここでは比較的簡単で失敗がので水槽の中で冬眠させる方法を紹介しましょう。

■用意するもの

水槽、落ち葉(1,2ヵ月水につけてあく抜きしたもの)

■冬眠の準備をする

気温が20℃から15℃くらいになってくると亀はだんだんと動かなくなり餌を食べなくなります。このとき、冬眠の準備を始めているので亀の食欲に合わせて与える餌の量を調節しましょう。

亀は、冬眠の前には絶食し、体内に餌やふんが残らないようにします。もし未消化のものが残っていると冬眠中に腐ってしまい亀が死んでしまう可能性があるので注意しましょう。

日本に昔から生息しているゼニガメなどは、日本の気候風土に合わせて自然に冬眠の準備に入るので、静かに見守ってあげるといいですね。

■水槽の水深をいつもより10㎝から30㎝深めに入れてあげるのがポイント

水の中で冬眠させるときに最も重要なのが水槽の水深です。水深がいつもより10㎝から30㎝深くなるようにしましょう。冬場は特に乾燥しやすい季節です。水がすぐに蒸発してしまうので定期的に水槽の水深をチェックしましょう。

スポンサーリンク

水温が0度になって水面が凍っても亀が凍ってしまわないように水深が下がっていたらその都度水を足してあげましょう。できれば2週間に一度を目安に水を足してあげると良いですね。

水槽は、フタができる容器が良いでしょう。

冬眠中の水かえはどうする?

基本的に冬眠中は、餌を食べたり、ふんをしたりしないので水槽の水が汚れることが少ないですね。また、水かえで水温が急激に変化すると、亀はとても体力を消耗してしまい冬眠が失敗する可能性があります。そのため亀が冬眠中は、そっとしておくとともに水かえや掃除はしない方がいいでしょう。

水槽を置く場所は?

冬眠中は、水温が0℃にならないように注意が必要です。水槽を置く場所も直射日光が当たらない暗いところで水温が5℃にたもてるようなところが良いでしょう。水温は5℃前後が最も冬眠に適しています。水温が10℃くらいになると冬眠するほど水温が低くないので餌を食べないまま亀が動いてしまうことになり大変危険といえるでしょう。

また、亀の冬眠中に最も怖いことは、急激な水温の変化です。特に水温が0℃以下になると水と一緒に亀も凍ってしまい、命取りになる可能性があります。水温が0℃以下にならないように注意が必要です。

〔amazon〕カメの飼い方がよくわかる本

まとめ

亀の冬眠は、夏場に体内に蓄えた脂肪で冬場を乗り切るものです。冬眠はとても体力が必要になります。冬眠前に亀が痩せすぎていないかを確認し、体調の良い亀だけを冬眠させることが大切ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です