歯の健康月間:愛犬の歯をいつも清潔にする4つの方法

2月は、ペットの歯の健康月間です。愛犬も、お口のケアが必要であることを再確認する良い機会です。歯の健康はペットの重要な世話のトップではないかもしれませんが、愛犬の健康には大切なことです。愛犬の歯のケアは、呼吸の調節だけでなく、歯周病の予防にもなり(3歳以上の愛犬の間でよく診断される病気)、実際、健康的な生活を送らせてあげられることにもなります。
愛犬の歯をいつも清潔にしておく最も良い方法は、定期的に歯みがきをしてあげることです。指にはめるサック型フィンガーブラシを探しましょう。これは使いやすく、デザインが滑らかなため、効果的な歯みがきが期待できます。また、特に犬用にデザインされた歯ブラシもお勧めします。必ず犬用の歯みがき剤をお使いください。ペットショップで手に入ります。人が使う歯みがき剤は、泡立ちがよく、愛犬が飲み込むと、有害となることも、あるいは毒になることもあります。お口のケアの最終手段として、マウスウォッシュを使うことを考えてみてもいいでしょう。

スポンサーリンク

お口の健康を改善する簡単なヒント4つ

1.食事に気をつけて。

研究によると、歯に歯石がたまらないようにするには、固い食事がいいということが分かっています。愛犬に缶入りフードだけをあげているなら、ドライフードと缶入りを混ぜてみてください。または、フードに加えて歯みがき用スナック(下記参照)をあげてみましょう。

2.咬めるものをあげよう。

オンラインや最寄りのペットショップには、愛犬の歯や歯茎に効果がある多くの商品がそろっています。歯を折ってしまうような大きすぎるもの、固いものを選ばないようにしましょう。歯をすり減らしたり、破損するようなおもちゃを与えないでください。

3.歯石を予防するスナックを探そう。

PEDIGREE® DENTASTIX®デイリー・オーラルケア・スナックなど、歯石や歯垢をたまらないようにする歯みがき用のスナックがあります。臨床的に証明されたスナックを選ぶようにしてください。

4.食べ残しや甘いスナックは与えない。

というのは、歯石や歯垢がどんどん溜まって、他の健康問題をもたらす恐れがあるからです。
歯みがき、歯固め、ドライフード、歯みがき用スナックのどれを使おうと、または全てを選ぼうと、必ず途中でやめないようにしましょう。飼い主がちょっと用心するだけで、愛犬のお口の健康は保たれ、健康で長生きできることでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)