犬のアレルギーの克服法。病院へ行っても治らないときに飼い主が出来ることは?

犬がアレルギーを持っていて目が赤く腫れる、皮膚炎になり体が痒くなってかきむしる、足の指の間を舐めて赤く腫れているなど様々なアレルギー症状で困っている飼い主も多いでしょう。少しでも愛犬の苦しみを緩和しようと病院へ行ってもなかなか効果が現れないこともあるでしょう。ここではそんな飼い主の参考になるように犬のアレルギーの克服法を紹介してみましょう。

アレルギーの治療は主に対処療法

現在、病院でのアレルギー治療は、痒みなどのアレルギー症状を緩和する対処療法がほとんどですね。アレルギーを完治させることは大変困難といえます。

アレルギーの症状によって処方される薬は違います。ただ症状が重くなるとどうしても強いステロイド剤が処方されます。この薬には、長期間使用すると肝機能に大きな影響をあたえるという副作用が確認されています。そのため、できるだけステロイド剤は使用しない方がいいのですが、痒みなどの症状がすぐに緩和し即効性が高いことは確かです。

アレルゲンの検査ができます

犬のアレルギーの原因を突き止めるために犬のアレルゲン検査を実施している動物病院もあります。この検査によってすべてのアレルギーの原因が特定されるわけではないのですが、どのようなアレルゲンに反応しやすいのかを調べることができます。どの物質、食物がアレルゲンなのかを知ることは、アレルギーを克服する上では大変参考になります。

ただ食物アレルギーの場合は、新しい食べ物を与えるときに、少しずつ与えることでアレルギーが出るかを調べることもできます。

犬のアレルギーの克服法

1, ドッグフードを見直しましょう

食物アレルギーの場合は、アレルゲンとなる食べ物を摂取しなければアレルギーは起こりませんね。そのためドッグフードの袋の後に表示してある原材料をしっかり確認することが大切になります。アレルゲンとなる食物が含まれていないかを確認すると同時にできるだけ添加物を含まないドッグフードを選びましょう。

スポンサーリンク

またノミ、ダニ、カビなどによるアレルギーの場合は免疫力を高めることが大切です。できるだけ免疫力を高めるようなオメガ3脂肪酸などを含んだドッグフードを与えるといいでしょう。

2,こまめにシャンプーをしましょう

アレルギーによる皮膚炎があるときは、こまめにシャンプーすることも大切です。皮膚からアレルゲンが侵入しないように皮膚バリアを強くすることも重要ですね。そのためには皮膚炎があるときは石鹸成分を含まない低刺激性のシャンプーを選びましょう。自然派の天然ハーブなどを配合したシャンプーなどがいいですね。シャンプーを選ぶときはしっかり成分表を確認しましょう。

3,犬用サプリメントも活用しましょう

犬用のサプリメントを使って免疫力を高めることもできます。特に抗酸化物質を含むビタミンA、C、E、カロテノイド、セレン、コエンザイムQ10、アルファリポ酸(ALA)などが配合されているサプリメントがいいようです。

4,室内の掃除をこまめにしましょう

食物アレルギー以外の犬のアレルギーの原因の多くはノミやダニ、ハウスダストなどです。犬の寝床やケージ、いつも犬がいる場所はつねに清潔を心がけ、こまめに掃除をしましょう。ノミやダニは飼い主にも寄生するので特に注意が必要です。またノミやダニがつきにくい体質を作ることも大切です。

完全無添加のワンちゃん用化粧水【AVANCE(アヴァンス)】

まとめ

犬がアレルギーで苦しんでいる様子をみていることは飼い主としてはとても辛いですね。できればステロイド剤などの強い薬は使いたくないものです。犬のアレルギーを克服するためには、食事などで犬の体質を改善し免疫力を高めるように心がけるといいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)