賢く活用!犬用ダイエットフードおすすめ6選

おすすめ!


犬が肥満にならないようにするためには、飼い主さんの体重管理がとても大切になります。犬の肥満は、人間と同じように多くの病気の原因になります。そこで犬が肥満気味や肥満と言われたときに活用できるおすすめのダイエットフードを紹介しましょう。

犬が肥満と言われたら

犬が肥満と言われたらまずは、一日の犬の食事の内容を考えてみましょう。肥満になる原因は、おやつのやり過ぎ、ドッグフードが適正な量ではないなどが考えられます。飼い主さんには思い当たることはありませんか?

また去勢や避妊手術によってホルモンバランスが変化し、太りやすくなります。手術前と同じような食事や散歩の場合太ってしまうことがあるので食事を見直し、運動をしっかりするといいでしょう。

食事の量が適正でも運動量が少ないと太ってしまいます。とくに中型犬や大型犬によく見られるので、毎日しっかりと散歩へ行くようにしましょう。

内分泌系の病気の場合、食欲もあり太ってくるので見過ごされがちですが、適正な給餌量と適度な運動をしても太っている場合は、病気の可能性があるので注意しましょう。

ダイエットフードには2種類あります

ダイエットフードには、動物病院で肥満を解消するために療法食として犬に与えるものと去勢や避妊などのあとに太りやすくなっている愛犬の体重を管理するものがあります。

動物病院ですすめられるダイエットフードは療法食として獣医師の指示に従って使用することが大切です。そのため療法食を食べている間は、定期的な獣医師の診察を受けるようにしましょう。

ここではとくに太りやすい犬や肥満気味の犬の体重を管理するために最適なドッグフードを紹介します。

フィッシュ4ドッグ スーペリアウェイトコントロール


ヒューマングレードの新鮮な魚が原材料です。もちろん無添加・穀物不使用です。穀物の代わりにポテトと低GI食品であるエンドウが使用されています。低GI食品の特徴はゆっくりと消化されるという点にあります。ゆっくりと消化されるので満腹感が得られ、ダイエット効果が期待できます。

また綠イ貝などの天然素材のサプリメントも配合されています。

〔amazon〕フィッシュ4ドッグ ドッグ スーペリア ウェイトコントロール 1.5kg

【ロイヤルカナン】ミニ ライト


満腹感を得るために食物繊維が多く配合されています。また、カロリー摂取量が通常品よりも18%削減されています。普通のドッグフードと同じ量を与えてもダイエット効果が期待できますね。

体重管理には、最適のドッグフードでしょう。

〔amazon〕ロイヤルカナン ミニ ライト 肥満気味の小型犬 成犬高齢犬用 800g

アーテミス フレッシュミックス ウエイト マネージメント アダルトドッグ


ヒューマングレードの原材料を使い低タンパク、低脂肪、低カロリーに特化したドッグフードです。肥満気味の愛犬に安心して与えることが出来ます。

低カロリーですが、犬に必要な動物性タンパク質と栄養素が配合されています。消化吸収を考えて栄養吸収率を高める独自製法が特徴です。

〔amazon〕アーテミス (Artemis) フレッシュミックス ウエイトマネージメント アダルトドッグ 1Kg

ホリスティックレセピー チキン&ライス ライト


新鮮で安全なドッグフードを提供するというコンセプトで愛犬に必要な栄養素が配合されています。このドッグフードは、アメリカのAAFCO(米国飼料検査官協会)の必要栄養所要量の基準をクリアしています。

アレルギーや皮膚など犬の健康管理を多角的に考えて作られており、去勢や避妊、太りやすい犬のために良質な繊維質を含み満腹感が得られるようになっています。

〔amazon〕ホリスティックレセピー ソリューション ライト(体重管理・去勢犬用) チキン&ライス 6.4kg 【正規品】

ニュートロ シュプレモ 体重管理用 [全犬種用] [低脂質・低カロリー]


去勢や避妊などで太りやすくなった犬や体質的に太りやすい犬の体重管理を目的としたドッグフードです。

低脂質・低カロリーでありながら肉のおいしさを大切にしています。ラム肉やサーモンを組み合わせ、さらにチキンを主原料にしています。また玄米や野菜・くだものなどをバランス良く配合してあります。

〔amazon〕シュプレモ 体重管理用 (2kg) ドッグフード

ナチュロル

今までの常識を破るビタミンC配合のドッグフード。新鮮な材料だけを厳選し、免疫力の低下を防ぎ健康寿命を伸ばすことを目的に作られました。当然肥満予防にも使えます。日本製で風味の劣化はナシでワンちゃんの食いつきもいいと評判です。

>>ドッグフードを食べないワンちゃんにどうぞ!健康寿命ケアのプレミアムドッグフード「ナチュロル」100円モニターはこちら。

まとめ

犬の体重管理は、飼い主さんの責任です。犬が肥満にならないように適切な食事と適度な運動を心がけましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です