ペットシッターになるには?資格は必要?年収や求人はどう?

おすすめ!


犬や猫などの動物が大好きでペット関係の仕事をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか?その中でも最近とくに注目されているのが「ペットシッター」という職業です。ここではペットシッターになるために必要な資格や年収、求人について考えてみましょう。

ペットシッターという仕事

ペットシッターは、飼い主さんが旅行などで不在のときに飼い主さんの代わりにペットの散歩や食事などの世話をする仕事です。

ペットホテルやペットサロンに預けると言うことも出来ますが、ペットの性格によっては環境が変わることが苦手な子がいます。そのようなときに、自宅でいつものように面倒をみてくれるペットシッターが必要となります。

この仕事ではペットの飼い主さんが留守の間に自宅を訪問してペットの世話をするので飼い主さんとペットシッターの信頼関係がとても大切になります。

ペットシッターの国家試験はありません

ペットシッターになるには、獣医師のような国家試験はありません。ペットシッターとして働くためにとくに必要な国家資格はないのです。

ただいろいろなペットの世話をする上で動物の習性などの基礎知識が必要になってきます。やはりペットシッターに関する民間資格を習得した方がより仕事がしやすいでしょう。

さらに大手のペットシッター派遣企業で従業員として働くときにはとくに資格がなくても大丈夫ですが、個人で開業する場合は動物愛護管理法で定められているため「動物取扱業」の登録をする必要があります。そのためには、ドッグシッターなどの環境省が定めた資格が必要になります。

いま、ペットシッターに関連した民間資格は通信教育や通学することで習得できるようになっています。どの講座を選ぶかは個人のライフスタイルにあった方法でいいでしょう。ただ民間資格を習得するときには動物取扱責任者として動物取扱業の登録が出来る資格かどうかを確認することが大切です。

今受講するとお得なキャンペーン開催中!
>>ペット専門通信資格【日本ケンネルカレッジ】

スポンサーリンク

ペットシッターの年収はどれくらい?

ペットシッターとして働く場合は、2つの方法があります。また現在どれくらいの人がペットシッターとして働いているのか正確なデーターがないのではっきりした年収はわかりづらいといえます。

アルバイトや社員として働く場合

ペットシッターとしてアルバイトをする場合は、時給900円から1500円と考えていいでしょう。また、企業に正社員として働く場合は一般的に月収15万円から25万円がほとんどなので年収200万円から300万円くらいといえます。

個人で開業する場合

経営者として自分で開業する場合は、働いた分だけ収入になります。ペットシッターの料金は、地域によって多少異なりますが相場としてうさぎや猫、小型犬など室内で飼われているペットの場合は1時間2000円から2700円くらいです。また大型犬の散歩などの場合は3000円以上が相場と言われています。

これらの料金は、1頭の料金ですから多頭飼いの場合は多くの収入になります。また、年末年始やゴールデンウィークなど多くの人が旅行などに出かける時期はペットシッターの仕事が大変多くなります。

この時期は繁忙期になるため割増料金が設定されることがあります。通常料金に500円プラスすることが一般的のようです。

しっかりした固定客がいるペットシッターの場合は年収100万円以上になることもあります。

ペットシッターの求人はある?

基本的にはペットは全国にいるので、どの地域でもペットシッターの需要はあるといえます。ただどちらかというと地方よりは、都市部の方が多い傾向にあります。

都市部ではペット飼育ができるマンションやアパートが増加していますが、旅行などのときにペットを預けることが出来るところが少ないためとペットシッターの需要が増えています。

大手の企業では、フランチャイズ店を募集していることもあります。開業を考えている場合の選択肢のひとつといえるでしょう。また、開業する場合しっかりとしたマーケティングが必要ですね。

まとめ

ペットシッターは顧客のニーズに合わせるため大変不規則な仕事です。ただ大好きな動物たちと一緒に過ごせる楽しみもありますね。ペットブームのなか飼育される犬や猫、うさぎなどが増えている現代ではますますペットシッターのニーズが多くなるといえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です