ジェントルリーダーの効果。嫌がる場合は?付けるときの注意点はある?

出典:引張りにはコレがいちおし!【ジェントルリーダー】(4色・各サイズ)ヘッドカラー本体+DVD+日本語ガイド付き。快適なお散歩が始まります。クリックポスト可

ジェントルリーダーというトレーニング用品のことを知っていますか?このジェントルリーダーは最近、世界中の訓練士、獣医師などがとても注目している犬のトレーニング用品です。ここではこの話題のジェントルリーダーの効果と嫌がるときの対処法、装着するときの注意点などを紹介しましょう。

ジェントルリーダーとは?

ジェントルリーダーは、犬の行動学、心理学をもとにアメリカで動物学者などが開発したトレーニングをするためのヘッドカラーです。力の弱い年長者や子ども、女性でも簡単に犬をコントロールできるようになるという特徴があります。

ジェントルリーダーは、犬の行動学などに基づいているため犬にとって適切に使用すればストレスになることはないといえます。

ジェントルリーダーの特徴

ジェントルリーダーは、ノーズループとネックストラップの2本で構成されたヘッドカラーです。

ヘッドカラーというと口輪などをイメージしますがどちらかというと馬をコントロールするときに使用するヘッドカラーの方に近いといえます。

ノーズループ

群で行動する犬のリーダーは、その地位をほかの犬に示すために優しく相手の鼻をくわえ込むという行動をします。ノーズループには同じような効果があり犬が飼い主さんがリーダーだと認識することができるようになります。

ネックストラップ

母犬が優しく子犬をくわえるときと同じ位置にネックストラップが装着されます。適切に装着されたネックストラップは首の後に適度なプレッシャーを与えることで犬を落ち着かせることが出来ます。

習性を利用し安全性が高い

犬は力が掛かった方向とは逆の方向へ行こうとする習性があります。ジェントルリーダーはこの習性を利用しているために引っ張り癖のある犬には大変効果的です。

またノーズループは、口輪のように見えますがボール遊びや食事が出来ます。犬にとって適切に装着されたジェントルリーダーは不快なものではないといえます。

スポンサーリンク

ジェントルリーダーの効果は?

ジェントルリーダーは、しつけや訓練においてその効果を発揮します。犬の習性を利用したジェントルリーダーは、飼い主さんがリーダーになる手助けをしてくれます。

ジェントルリーダーには、犬をリラックスさせる効果もあります。このリラックス効果は興奮しやすく引っ張り癖のある犬を落ち着かせることが出来ます。またジェントルリーダーには、恐がりの犬やシャイな犬を精神的に落ち着かせリラックスさせる効果もあります。

ジェントルリーダーを装着するときに注意することは?

ジェントルリーダーを使用するときには犬にあったサイズを選ぶことが大切です。サイズの目安として体重が記載されていますが、犬は犬種や個体によって顔の形や大きさに違いがあります。そのため体重が規定内でも犬種によっては違うサイズになることもあります。

ジェントルリーダーはある程度大きさが調節できるので、どのサイズがいいのか迷ったときはワンサイズ大きめのものを選ぶといいでしょう。

ジェントルリーダーの効果を最大限引き出すためには、適切な犬への装着がとても大切になります。適切な装着の仕方を簡単に説明しているサイトを紹介します。できればジェントルリーダーに詳しい訓練士に指導してもらうといいですね。

ジェントルリーダー 装着の方法(簡易版)(あいんどっぐより)

ジェントルリーダーを嫌がるときはどうする?

ジェントルリーダーをどうしても嫌がる犬もいます。その場合は無理にジェントルリーダーを装着しない方がいいでしょう。

子犬の場合は、最初は嫌がってもトリーツを使ったりしながら少しずつ慣れるようにしましょう。飼い主さんがリーダーになるためにも毅然とした態度を示すといいですね。

成犬でどうしても嫌がるときは、イージーウォークハーネスを使うといいでしょう。ジェントルリーダーのような訓練性はありませんが引っ張り癖などの問題行動には効果があります。

またパグなどの短頭種には、ジェントルリーダーの装着は出来ません。この場合もイージーウォークハーネスを使うといいですね。

まとめ

ジェントルリーダーの効果はアメリカの獣医師や訓練士などのプロが絶賛しています。ただどんなに優れた道具でもそれだけで犬のしつけが出来るわけではありませんよね。飼い主さんも愛犬と一緒にジェントルリーダーを上手に使うことが出来るようになることが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です