ペットの引っ越し!必要な手続きと専門業者まとめ。

春先は、転勤などで引っ越しがとても多くなる季節ですね。遠距離への転勤ともなればペットと暮らしている場合、引っ越し先へペットを連れて行くためにはどうしたらいいのか困ってしまいますよね。ここでは、ペットと一緒に引っ越しするために必要な手続きと専門業者を紹介しましょう。

ペットの引っ越しには3つの方法があります

家族同然のペットですから転勤などで引っ越しをするときでも一緒に連れて行くことになりますよね。そのときペットの引っ越しの方法には3つあります。

1、 飼い主さんが自動車・公共交通機関などでペットと一緒に移動する

飼い主さんがペットの様子を観察しながら一緒に移動することがペットにとっては最もストレスが少ないと言えます。

飼い主さんと一緒なのでペットも安心できますね。また適度な休憩を取りながら移動できるのでペットの体にとっても一番いいと言えます。

2、 動物の引っ越しや移動の専門業者へ依頼する

ペットタクシーや動物移送の専門業者は、動物の扱いにとても慣れているので安心してペットの引っ越しを依頼できますね。

場合によっては飼い主さんも一緒に移動できるので専門業者に相談してみるといいでしょう。

3、 引っ越し業者のペット移送プランで移動する

引っ越し業者もペットのための引っ越しプランがある会社があります。ただ引っ越し業者は動物の取扱に関して精通しているわけではありませんよね。引っ越し業者の中には結局動物移送の専門業者に委託しているところもあるようです。

飼い主さんがペットと一緒に移動することが一番良い方法ですがどうしても一緒に移動することが出来ないときは動物の移送になれた動物移送の専門業者に依頼することをおすすめします。

動物移送の専門業者まとめ

動物の移送を専門に行っている業者を紹介しましょう。

ヤマトホームコンビニエンス

引っ越し業者のクロネコヤマトの関連会社になります。犬・猫・うさぎなどの小動物を移送してくれます。クロネコヤマトの提携している動物移送専業者が取り扱うので安心して預けることが出来ますね。

スポンサーリンク

移送手段も3種類用意されているのでペットの性格や健康状態などを考慮して移送方法を決めることが出来ます。

ワンニャンキャブ

動物園の動物たちの移送を手がけている専門業者なので安心してペットを預けることが出来ますね。またペットホテルもあるので引っ越しのときに数日ペットを預けることが出来るのもうれしいサービスです。

何より動物の移送に手慣れているため、犬や猫以外にも熱帯魚なども移送してくれるのでとても助かります。

エイチケイ

ペットの移送を24時間いつでもどこへでも対応してくれます。ペットだけの移送も可能です。また熱帯魚などの特殊なペットも移送してもらえます。

湘南ペットハイヤー

ペット移送のための専用車で玄関まで送り届けてくれます。専用車に乗れる範囲内なら複数頭、運んでもらうことが出来るので多頭飼いの飼い主さんにとってはうれしいですね。

またペットの移送のときに飼い主さんも同乗できるので安心して移送を依頼できます。

ペットの引っ越しのときに必要な手続きは?

猫やうさぎなどの小動物は、特別な手続きはありません。犬に関しては、居住する市町村などの自治体の役所または保健所で登録を行う必要があります。

登録するためには、「犬の鑑札」「狂犬病予防注射済証」「飼い主さんの身分証明書(免許証や保険証・パスポートなど)が必要です。引っ越しが終わったら出来るだけ早めに犬の登録を済ませるようにしましょう。

また爬虫類などは種類によって自治体での飼育許可などが必要になることがあるので引っ越し先の役所や保健所などで確認しましょう。

まとめ

引っ越しは飼い主さんも大変ですがペットにとっても大きく環境が変化することでストレスを感じやすくなっています。引っ越しのときは、ペットの健康状態や性格などを考えてペットにあった移送方法を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です