鷹匠になるには?仕事内容と年収はどんな感じか調べました。

おすすめ!


鷹匠は鷹を飼育し訓練する専門家ですね。調教された鷹を自由自在に操る姿に憧れる方も多いでしょう。この日本の伝統的文化でもある鷹匠になるためにはどうしたらいいのでしょうか?また鷹匠の仕事内容と年収について紹介しましょう。

鷹匠になるためには資格は必要?

アメリカでは鷹を扱うためには国家資格が必要なのですが、日本では鷹匠になるための国家資格はありません。日本では民間団体が認定する資格を習得することで鷹匠として活動することが出来ます。

主な民間団体は、「日本鷹匠協会」「諏訪流」などでそれぞれの団体が所定の基準を満たした場合、鷹匠として認定されます。鷹匠として活動するためには鷹に関する専門的な知識が必要になります。

鷹匠を目指すためにはどうするの

鷹匠になるためには特別な国家資格は必要ありませんが、それぞれの民間団体に所属する鷹匠の元へ弟子入りし師匠から様々な技術を習得することになります。鷹匠の認定試験を受けるまでには少なくとも3年以上は掛かるでしょう。

鷹匠になるための研修会に参加し、実技訓練や鷹匠に関する法律など様々な勉強をする必要があります。根気とやる気が必要ですね。

試験は年1回狩猟期間にそれぞれの団体で行われています。詳しくは各団体に問い合わせるといいでしょう。

また鷹を飼育するための大きな小屋と鷹のための餌を確保する必要があります。猛禽類である鷹は餌代も少しかかります。鷹匠を目指すためには、ある程度の資金を用意する必要があります。

鷹匠の仕事内容

鷹匠は、鷹を飼育し訓練する事を主な仕事としています。訓練された鷹は、イベントでの活動やカラスやハトなどの有害な鳥などを市街地から山へ追い返す仕事をしています。また、空港ではバードストライクを防止することに鷹匠の技術がとても役立っています。

スポンサーリンク

鷹匠の年収はどれくらい?

鷹匠の年収に関する統計がないのではっきりしたことはわかりませんが1ヵ月7万円から15万円くらいと言われています。年齢による給与差はありません。

害獣駆除の場合は、1回が1万円程度と言われています。またイベント活動による収入もありますが、年収は50万円から120万円程度と考えられます。

鷹匠だけで生計を立てることはとても難しいといえるでしょう。そのため副業をして鷹匠の活動をしている人がほとんどです。平日は鷹の餌代などを得るためにほかの仕事をしながら週末に鷹匠として活動しています。趣味として鷹匠の活動をしている人が多いようです。

鷹匠の求人はありません

最近は女性や若い世代の鷹匠が増えてきていますが、鷹匠はとても少ないと言えます。また特殊な専門職になるので鷹匠の求人と言うことはありませんよ。

仕事の依頼は所属する団体から依頼されることがほとんどのようです。

鷹匠の今後の展望

鷹匠は以前のように鷹匠だけの収入で生計を立てることができません。その反面鷹の飼育・訓練には特殊な技術が必要ですね。また鷹と一緒に生活し、日々訓練することも大切です。

最近では鷹を使った害獣駆除の安全性やその効果が見直され、仕事が多くなってきていることは確かです。とくに鷹による害獣駆除は自治体などに大変注目されはじめており害獣駆除を受注している会社もできています。これからますます需要が見込まれる分野でもあり鷹匠の必要性が高まっていく可能性があります。

まとめ

鷹匠は、日本の伝統文化の一端を担っている貴重な存在です。その継承はとても大切なことですね。ただ鷹匠に関する情報がとても少ないことは確かです。もっと鷹匠について知る機会が増えるといいですね。またこれからの鷹匠は、時代にマッチした活動をしながら日本の伝統を守っていくことが大切になるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です