犬の入浴!気持ちよく入れさせるポイント6つ

もしあなたの犬が既に入浴の時間に馴染んでいるのなら、入浴技術の前に犬に行う事があります。もしあなたの犬が入浴が初めてなら、あなたはまず水なしのバスに立たせておかせておいた方がいいようです。あなたは犬をバスの中でゲームを扱うように立たせておいた方が良いです。

1.犬を濡らす前のブラシ

全ての飼い主に於いてのほとんどのミステイクは一度にあるいは何度も飼い主は簡単に飼っている犬を様々なマットの状態の且つ緩い毛犬のコートから拭い去ろうと洗おうと、飼い主にさせているのです。シャンプーは表面上は掃除会社と汚れの掃除だけの仕事をしているものです。あなたはまず閉じ込められたマットな状態の汚れを決して洗う前にまず最初にブラシをかけることは無いのです。あなたは実際、犬の毛を入浴の次の時間にきつく拭い去った方が良いです。

2.洗う場所

小さな犬はより簡単にランドリーや台所タンクでさえ洗うことが出来ます。大きな犬はタブが必要です。排水口では毛を流さないように使用して様々な詰まりを防ぐことが出来ます。もちろん、天候が許される限り、あなたはあなたの犬をバスタブを外で犬を洗い、あるいはドライブ先でも犬を洗う事が出来ます。

スポンサーリンク

3.シャンプー

人用シャンプーはさせないで下さい。ペーハーレベルが普通、あまりに犬の肌にとってはきついので、後々トラブルを引き起こします。あなたの犬の肌の状態に合ったシャンプーを使用して下さい。あなたの獣医は良い品質のブランド涙が出てこないシャンプーを薦めてくれるでしょう。共用のシャンプーを除いて、あなたはシャンプーの希薄さ自由を実感して、そして泡は、より簡単にもちろんより長く泡をもたせることが出来ます。

4.洗浄を始めます

まず犬の至るところを湿らせて、のちに頭、面、耳をそのままにして、シャンプーは隠れた手に、尻尾は「あなたの知っている場所を確かめて」洗った事を確かめるべきです。

5.身体、胸、前足ををシャンプーし続けます。

手、面、耳を湿らせての特別のケアと一緒に、あなたの両手は犬の上部の耳に水が流れ込むのを防ぐためにカップをかぶせて下さい。これらの範囲はケアするというよりもむしろ、涙が出無いシャンプーでさえ、両目には不快を感じるからです。

リンスをすることで、あなたはその時、よいリンスの仕事をしたと思うでしょう。
リンスをしてもう一度すすいでください。

6.乾燥の最初には

すぐに犬をタオルで包んでください。あなたの犬を全ての部分とブランケットと乾燥したタオルで互いにすぐに包んで冷やし始めます。

もしあなたが両手を特別に役立てようと思いましたら、そのようにしてください。

全ての小さいことでも役立ちます。

全ての工程はただ水を噴射することで、シャンプーの時には軽く叩いて、

あなたの犬の匂いと新しいブランドの如く愛らしいケアをする傾向があります。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)