愛犬を初めて動物病院へ連れて行くときのマナー。持っていくもの一覧まとめ。

愛犬を初めて動物病院へ連れて行くとき飼い主さんは何を持っていったらいいの?マナーは?などわからないことばかりですよね。愛犬と同様に動物病院へ行くことが初めての飼い主さんのために初めて動物病院へ連れて行くときのマナーと持っていくものを紹介しましょう。

動物病院でのマナーは?(待合室篇)

子犬・小型犬はキャリーバッグかクレートに入れましょう。

子犬を飼い始めて最初に動物病院へ行くのは2回目のワクチン接種の場合が多いですよね。

子犬は2回目のワクチン接種が終わっていないので必ずキャリーバッグに入れておきましょう。病院の待合室でキャリーバッグから絶対に出したりしないようにしましょうね。まだワクチン接種が済んでいないので子犬はいろいろな病気をもらいやすい状態だと言うことを忘れないでくださいね。

またお散歩も経験していない子犬にとって初めて外の世界と接触することになります。驚いて逃げ出してしまうこともあります。子犬にとっては、キャリーバッグの中が安心できるところなのです。

大型犬も2回目のワクチン接種のときは、クレートなどの入れて連れて行くと安心ですね。

初めての場所で子犬が不安で泣いたり、怯えたりするときは目隠しのためにバスタオルなどをキャリーバッグの上から掛けてあげるといいでしょう。

病院へ来ている動物に勝手に触らないようにしましょう

動物病院へきている犬や猫は健康診断やワクチン接種だけではなく病気の子もいます。むやみにほかの犬や猫に触ったりすることはマナー違反になります。

どうしても触りたいときは必ず飼い主さんに聞いてからにしましょう。

興奮しやすい子などは車の中か病院の外で待つようにしましょう

興奮しやすい子の場合は待合室ではなく車の中や外で待つようにしましょう。

動物病院でのマナーは?(診察室篇)

診察室に入ってからキャリーバッグから出しましょう

診察室に入ってから犬をキャリーバッグから出します。子犬の場合は、診察台の上でキャリーバッグから出した方が感染などの心配が少ないですね。

スポンサーリンク

獣医師の指示に従いましょう

診察室では獣医師の指示に従うことが大切です。子犬を飼い主さんが保定(子犬が動かないようにする)するのか、診察室から出た方がいいのかを指示してくれます。

犬を安心させてあげましょう

診察室の中では静かにしなければなりませんが愛犬が不安そうにしているときは優しく「大丈夫だよ」「ここにいるよ」などと声を掛けてあげるといいですね。

わからないことや疑問・質問は納得いくまで聞きましょう

初めての動物病院では、飼い主さんもわからないことがたくさんありますよね。子犬のことで気になることや心配なことがあれば獣医師に聞いてみましょう。

動物病院へ行く前に獣医師に聞きたいことをまとめておくといいですね。

もっていくもの一覧

動物病院へ行くとき持っていった方が良いものを紹介しましょう。

キャリーバッグやクレート

犬を入れて病院へ行くときに使います。車での移動のときも転落事故などの防止のためにもキャリーバッグなどの入れておくといいでしょう。

首輪・ハーネス・リード

基本的にはキャリーバッグなどの中から子犬を出さないほうがいいでしょう。待合室で子犬をどうしてもキャリーバッグから出さなければならないときは脱走防止のためにハーネスやリードを付けましょう。

取り換え用のペットシーツとティッシュ、ウエットティッシュ

子犬なのでキャリーバッグの中でおしっこをしているかもしれません。汚れたらすぐに取り換えることができるように換えのトイレシーツを持っていきましょう。

またティッシュやウエットティッシュは、キャリーバッグなどが汚れてしまったときなどに必要になるので持っていくといいですね。汚れたものを入れるビニール袋も忘れないようにしましょう。

ワクチン接種証明書など

ブリーダーやペットショップで子犬を購入すると必ず1回目のワクチン接種証明書を受け取ります。これからのワクチン接種の時期を決めるのに貴重な資料になるので必ず動物病院へ持っていきましょう。

まとめ

初めて動物病院に行くときは飼い主さんも犬もちょっと緊張してしまいますよね。わからないことや心配なことは気軽に動物病院のスタッフの方に尋ねましょう。初めての動物病院で愛犬の診察がスムーズに行くように飼い主さんは愛犬の様子に注意しておくといいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です