日光でペットと宿泊出来るホテル・旅館おすすめ6選

おすすめ!


夏は愛犬と一緒に避暑地として有名な日光へ旅に出るのもいいですね。愛犬とゆっくりと過ごすことが出来る日光でおすすめのホテル・旅館を紹介しましょう。

ペット連れ専用の宿 アニマーレIN日光

https://www.animale-nikko.jp/

ペット連れ専用の宿です。大型犬まで宿泊出来るのはうれしいですね。しかもお部屋だけではなく館内すべてで愛犬と一緒に過ごすことが出来ます。

貸し切り露天風呂や内風呂では愛犬用のバスタブが用意してあるので愛犬と一緒にゆっくりと温泉を楽しむことが出来ます。お風呂は中型犬までになります。

ペット用品もケージ、食器、トイレシーツ、タオル、足ふきなどは無料で使うことが出来ます。食事も有料ですが用意できます。

このほかこの施設は猫やうさぎなどの小動物も宿泊出来ますよ。

〔じゃらん〕ペット連れ専用の宿 アニマーレ

〔楽天トラベル〕ペンション アニマーレ

アネックスもあります。

〔じゃらん〕ペット連れ専用の宿 アニマーレ アネックス

犬と遊べるペンション ありの塔

http://www.nikko.or.jp/arinotou/

標高800mのところにあるホテルタイプのペンションです。行き止まりにあるペンションなので森の中をゆっくりペットと一緒に散歩が出来ます。17室ある客室のうち4室がペット専用客室です。予約のときは必ずペット専用客室を予約しましょうね。

ペット専用の宿泊施設ではないのでペット用品は足ふきだけになります。ペットの食事や容器などのペット用品は、必ず飼い主さんが用意しましょう。

宿泊について詳しいことは直接ペンションに聞いてみましょう。

〔じゃらん〕犬と遊べるペンション ありの塔

〔楽天トラベル〕犬と遊べるペンション ありの塔

光徳温泉 日光アストリアホテル

http://www.nikkoastraea.com/

犬と泊まれる専用客室が2部屋あります。中型犬までの宿泊が可能です。大自然に囲まれた中で愛犬とゆっくりと散策を楽しむことが出来ます。

客室内にはペットサークルが用意してあります。食事やお風呂などでちょっと部屋を開けるときなどに安心してお留守番させることが出来ますね。

修学旅行生も宿泊するホテルなので修学旅行生と同じ日に宿泊する場合は訳あり価格で宿泊出来ます。

詳しいことは事前にホテルへ連絡し確認するといいでしょう。

〔じゃらん〕光徳温泉 日光アストリアホテル 

〔楽天トラベル〕光徳温泉 日光アストリアホテル

プティホテル セ・ボン

https://www.se-bon.com/

小型犬から大型犬までお部屋で一緒に過ごすことが出来ます。食堂やその他の共用部分ではケージに入れるかだっこが原則になります。大型犬の場合はホテルと相談しましょう。また猫やうさぎなどの小動物も宿泊出来ます。

食事などのときは、ペットをケージなどに入れておくようにしましょう。ケージは飼い主さんが用意することが原則ですが、ホテルでもケージを貸し出してくれます。ケージを借りるときは、予約のときにホテルへ連絡しましょう。

宿泊の条件などの詳しいことはホテルに直接確認しましょう。

〔じゃらん〕プティホテル セ・ボン

〔楽天トラベル〕プティホテル セボン

奥日光高原ホテル

http://www.okunikko-kougenhotel.com/

ペットと同伴できる専用の客室が4部屋あります。小型犬から中型犬まで利用できます。ペット専用部屋以外はペット同伴での宿泊出来ません。

ほかのお客様に迷惑にならないように離れたところにペット専用客室があります。そのため客室からの眺めは期待できないようです。ただほかのお客様から少し離れているので安心して宿泊出来ます。

食事やお風呂のときは、ペットは客室でのお留守番になります。ケージなどの入れ置くといいですね。また共有部分ではペットハだっこかケージに入れて移動しましょう。

詳しいことはホテルへ直接連絡をして確認するといいですね。

〔じゃらん〕奥日光高原ホテル

〔楽天トラベル〕日光湯元温泉 奥日光高原ホテル

ペンション森の宿 太助Jr

ペット専用ドアがついたペット同伴用客室が1部屋あります。大型犬まで宿泊出来るのはうれしいですね。客室専用ドアなのでいつでも気軽に外へ出ることが出来ます。早朝の散策などが楽しみですね。

足ふきやケージ、食器などは揃っています。1部屋だけなので早めの予約をおすすめします。予約のときは必ず事前にホテルに連絡しましょう。

〔じゃらん〕ペンション森の宿 太助Jr

〔楽天トラベル〕ペンション 森のやど 太助Jr

まとめ

ペット専用ホテルではないところがほとんどなので無駄吠えしないなど基本的なしつけが出来ていることが条件です。それぞれの宿泊施設では、細かい規則があります。宿泊する前に必ず確認することが大切です。これからも多くのペットが宿泊出来るように飼い主さんは、基本的なルールを守るように注意しましょうね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です