ペットを寝台列車に乗せることはできる?乗せ方の注意点と対策グッズなど。

ペットと一緒に寝台列車でゆっくりと旅行をしてみたいですね。でもペットは寝台列車に乗ることができるのでしょうか?ここではペットを寝台列車に乗せるときの注意点と便利な対策グッズを紹介しましょう。

ペットは寝台列車に乗ることができる?

JRではペットはあくまでも手回り品として手荷物扱いになります。ペットはどの列車に乗せても一律280円になります。

寝台列車も同様に手回り品として列車に乗せることができます。ただ爬虫類などの場合はケージに入れていても乗せられないことがあるので事前にJRへ問い合わせてみましょう。

ペットを乗せるためにはルールがある

列車は多くのお客様が利用する乗り物です。その中には動物が好きな方も苦手な方もいます。ほかのお客様が不快にならないように飼い主さんは基本的なルールをしっかり守らなければなりません。

寝台列車に乗せることができるペットの条件は以下の通りです。

1, 長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度のクレートなどのハードケースに入れること

ペットは体がすっぽりと入り、中から顔が出せないハードケースに入れることが決められています。体がすべて隠れていてもスリングや柔らかいタイプのキャリーバックは使用できないので注意しましょう。

ペット用カートやバギーは原則として列車内に乗せることはできません。ただしバギーやカートがコンパクトになりケースだけでも持ち運びができるタイプのものは乗車できます。ただほかのお客様へ迷惑になる場合は乗車できないこともあります。

2, ケースとペットの重量を合わせて10kg以下であること

手荷物になるのでケージとペットをあわせて10kg以下であることが条件です。犬ならば小型犬くらいまででしょう。

3, 駅や寝台車内ではケージからペットを出すことができません

基本的なルールとして寝台車内ではペットをケージから出すことはできません。ただし列車によってはペットの食事やトイレのときには出すことができる場合があります。寝台車に乗車するときに車掌さんに聞いてみるといいでしょう。

寝台車に乗車するときに注意すること

寝台車を予約するときには個室を予約しましょう

それぞれの寝台車にはいろいろな客室プランがあります。基本的にペットと一緒に寝台車に乗る場合は相部屋になることがない「個室」を予約しましょう。

どの個室がよいかわからない場合は、予約するときにペット連れであることを伝え担当者に相談するといいですね。

犬などは鳴かないように注意しましょう

犬や猫の鳴き声が気になる方もいます。とくに夜間はできるだけ鳴かないように気をつけましょうね。

個室を出るときはペットの毛をコロコロなどでしっかりとりましょう

ケージから出さなくてもペットの毛が寝台や部屋に落ちていることがあります。次に乗る方のためにも寝台車から降りるときにはペットの毛をとるようにするといいですね。

スポンサーリンク

また動物の匂いが残らないように部屋を出るときには消臭剤を使うといいでしょう。

おすすめ対策グッズ

コロコロコロペット

持ち運びがしやすいコンパクトタイプのコロコロです。テープの色がどのペットの毛色でもわかるように工夫されています。

〔amazon〕ニトムズ コロコロコロペット グリーン C0122

〔楽天市場〕コロコロコロペット グリーン 掃除 ローラー 関東当日便

 

弱酸性消臭除菌水 ぽけっと ぺっとくりん 携帯用

弱酸性消臭除菌水 ぽけっと ぺっとくりん 携帯用 犬用 100ml 消臭 除菌 スプレー 関東当日便

次亜塩素酸ナトリウム(食品添加物)、pH調整剤(食品添加物)を配合した安全な消臭剤です。携帯タイプなので旅行にも便利ですね。また消臭効果と除菌効果があるのはうれしいですね。

まとめ

寝台列車の旅は長時間になります。できるだけペットがストレスを感じないように飼い主さんが気をつけてあげましょう。またほかの乗客の方に迷惑がかからないように配慮することも大切ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)