クルーズ船にペットを乗せることが出来る?乗せ方の注意点や対策は?

豪華なクルーズ船で優雅な船旅を愛犬や愛猫と一緒に楽しみたいと思う飼い主さんも多いでしょう。でもクルーズ船にペットを乗せることができるのでしょうか?また乗せることができる場合の注意点などについて考えてみましょう。

クルーズ船にペットを乗せることはできる?

家族同然のペットですから多くの飼い主さんはペットと一緒に豪華客船での船旅を楽しみたいことでしょう。

ではクルーズ船にペットを乗せることはできるのでしょうか?

ペットと一緒に旅行をする飼い主さんの増加にともないフェリーなどではペットを乗船させることができるようになっています。ただクルーズ船に関してはペットを乗せることは原則禁止となっています。

そのため飼い主さんはクルーズ旅行の間はペットホテルや知り合いの方、ペットシッターなどにペットの世話をお願いしなければなりません。

ただし世界で唯一「クイーン・メリー2」だけはペットを同伴することができます。

クイーン・メリー2とはどのような船?

出典:Cunard

クイーン・エリザベス号といえば多くの方も名前を聞いたことがある豪華客船ですね。クイーン・メリー2号はこのクイーン・エリザベス号の兄弟船になります。

運営はイギリスのキュナードによって行われています。キュナードはイギリス王室とも大変ゆかりがありラグジュアリーな船旅を提供しています。

クイーン・メリー2号は大西洋横断航路を航行しています。このクイーン・メリー2号だけがクルージングにペットを同伴させることができます。

費用も日本からハワイ旅行に行くくらいの料金から設定されています。もちろんこのほかに出発地までの旅費がかかりますよ。

充実したケンネルの設備

乗船できるペットの数が増えました

2016年の大改装によってより多くのペットが乗船できるようになりました。これまで1回の航海では12頭のペットの乗船が可能でしたが今回の改装によってさらに12頭分のケンネルを増設し、24頭のペットが乗船することができるようになっています。

スポンサーリンク

ペット専用のデッキでゆったり散歩

イギリスからアメリカまでの航海なのでイギリスのペットもアメリカのペットも見慣れた町並みを見ながらデッキを散歩できるように街灯や消火栓が設置されています。このスペースはペット同伴の飼い主さんとペット専用なのでペットと海風を感じながら安心して散歩を楽しむことができます。

ケンネルエリアの充実

飼い主さん専用のラウンジやペットのプレイエリアなどが新設されています。飼い主さん同士のコミュニケーションも楽しめますね。またペットのためのライフジャケットが50着用意されています。

さらに寄港地ではペットのために記念のフードボールが渡されたりします。

ケンネル・マスターが常駐

ケンネル部分の責任者でもあるケンネル・マスターが毎日ペットの食事から散歩、遊びまでお世話をしてくれます。安心してペットと一緒にクルーズを楽しむことができますね。クイーン・メリー2号が愛犬家のセレブたちに愛される理由でもあります。さすがペット先進国であるイギリスのクルーズ船ですね。

クイーン・メリー2号乗船のときの注意点

予約のときにペット同伴であることを伝える

予約するときには事前にペット同伴であることを連絡しましょう。またペットパスポートなど必要な書類などがあるようです。詳しいことは予約のときにしっかり確認しましょう。

ケンネルエリア以外はケージに入れる

ペット専用エリア以外、基本的にペットはケージに入れて移動することになります。つねにケージとリード・ハーネスは用意しておきましょう。

まとめ

ペットと一緒にクルーズを楽しむことは検疫などの問題でなかなか難しいようですね。ただし盲導犬や介助犬はキュナードのすべての航路で乗船できます。ほかの船会社でも盲導犬・介助犬は乗船できることもあります。直接船会社に連絡してみましょう。ただ煩雑な手続きが必要になりますので早めに準備をはじめるといいですね。

>>クイーン・メリー2でのクルーズなら 個人自由クルーズ専門旅行社「BESTクルーズ」(クイーン・メリー2 で検索すると販売中のツアーが一覧で出てきます)

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)