ウィペットを飼いたい。性格や大きさは?飼い方の注意点は?

おすすめ!


ウィペットは日本ではまだ珍しい犬種です。そのためイタリアン・グレイハウンドによく似ているので間違われることも多いとか。このウィペットについて性格や大きさ、飼い方の注意点について詳しく解説します。

ウィペットとは?

ウィペットはイギリス原産のハウンドドッグ(猟犬)です。小型のグレイハウンドとほかの小さな犬を交配しうさぎや小型の害獣を駆除するために18世紀頃イギリスの農村で作られました。

産業革命の頃から都市部の労働者の間で盛んに行われていたドッグレース(布を追いかけるもの)で活躍し「貧しい人たちの競走馬」として大変人気がありました。

その流線型の美しい体型と俊敏な動き、すぐに最高速度で走ることができるとても素晴らしい犬です。現在はアマチュアスポーツとしてのドッグレースで活躍している犬もいます。

ウィペットはさらにテリアの猟犬の気質とイタリアン・グレイハウンドの美しい容姿をとり入れ現在に至ります。現在ではルアー競技やレース、そして家庭犬として多くの愛好家がいます。

ウィペットの性格

ウィペットはサイトハウンド(視覚で獲物を追う猟犬)の中では飼い主さんにとても従順な犬です。

とても物静かな犬なので室内ではまったりとしていることが多いでしょう。落ち着きがあるので子どものいる家庭でも飼うことができます。

テリア系の犬と交配されているのでしつけも入りやすいでしょう。また社交的でほかの犬や人に対して攻撃性はほとんど見られません。無駄吠えも少なく自立心旺盛なサイトハウンドの中では比較的飼いやすいといえるでしょう。

ウィペットの体重

ウィペットは、体高より体長の方が少し長いのが特徴です。その美しい流線型の体型はまさに走るためのものといえるでしょう。

大きさは中型犬くらいと考えていいでしょう。イタリアン・グレイハウンドより少し大きくグレイハウンドより小さいですね。標準の体高はオス47~51cm、メス44~47cm、体重はオス・メスともに9kgから18kgとされています。

スポンサーリンク

ウィペットの飼い方の注意点

十分な屋外運動が不可欠

ウィペットは走ることがとても好きな犬です。思いっきりトップスピードで走らせることが大切です。

運動不足は、ウィペットにとって大きなストレスとなりいろいろな問題行動の原因となります。

毎日30分から1時間の散歩か自由運動が必要になります。そのため時にはドッグランなどで好きなだけ走らせるといいでしょう。また散歩の途中に軽いジョギングなどをさせるといいですね。

しっかり運動し満足したウィペットは「カウチ・ドッグ」といわれるほど室内では物静かです。

同一犬種の多頭飼いに最適

ウィペットは群意識が高い犬種なので多頭飼いに向いているといえます。また仲間がいることで精神的にも安定しやすいでしょう。

とくに同じ方向へ意識を集中させることができるのでウィペット同士の散歩は比較的楽なようです。

しつけは比較的しやすい

テリアの血が入っているので訓練性はほかのサイトハウンドに比べるととても高いといえるでしょう。また飼い主さんにとても従順なので呼び戻しなどのコマンドによく従います。

ただうさぎなどを追う習性があるので白いものやひらひら動くものを追いかけてしまい、迷子になることもしばしば。走り出すと飼い主さんはとても追いつくことができないので「マイクロチップ」を埋め込む、迷子札をつけるなどの対策が必要です。走らせるときは柵のある場所がいいですね。

首輪は顔が小さいので抜けてしまうことがあります。イタリアン・グレイハウンドやウィペットやイタリアン・グレイハウンド用の首輪か胴輪を利用しましょう。

被毛の手入れ

短毛種なので被毛の手入れは比較的簡単です。ただ寒さに弱いので冬は洋服などを着せてあげるといいですね。また匂いが少ないのも特徴です。

まとめ

愛犬と思いっきり遊んだり走ったりすることが好きな飼い主さんには最適な犬です。ウィペットと一緒に楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です