猫の寒さ対策。電気を使わないおすすめ安全グッズ5選

南国原産の猫はとても寒さが苦手ですね。日本の冬は思いのほか猫にとっては過酷なものです。可愛い猫が快適に冬を過ごすことができるようにしっかりとした寒さ対策をしてあげたいものですね。ここではとくに安全な猫の寒さ対策グッズを紹介しましょう。

猫の寒さ対策はいつごろからはじめる?

猫はエジプト原産といわれています。そのためとても寒さに弱く、冬の寒さ対策はとても大切ですね。

猫の寒さ対策は飼い主さんが寒くなったなあと感じる10月頃からはじめるといいでしょう。日本列島は縦長なのでその地方によって多少の差がありますので寒さ対策をはじめる時期は飼い主さんがしっかり判断することが大切です。

また個体によって寒さの感じ方が違います。猫の種類や年齢などを考えながら猫の様子を観察することが大切です。とくに子猫や高齢の猫には注意が必要です。

猫の寒さ対策にエアコンは必要?

寒さ対策といえばエアコンですね。猫は適温を求めて移動する習性があります。部屋の中を自由に移動することができるのであればお留守番の時エアコンをつけておかなくても大丈夫でしょう。

猫のお留守番の時にエアコンを使わないときは部屋の中に猫が暖まることが出来る場所を作ってあげることが大切です。

猫用ベッドは床に直接置くのではなくベッドの下にミニカーペットなどを敷いてあげると冷気を遮断できます。また寒さ対策グッズは窓際やドアの近くなどすきま風が気になる場所は避けた方がいいでしょう。

夜までお留守番の時、日暮れあとに室温が下がることが気になるときはタイマーを利用し、エアコンをつけたままのときは設定温度20℃くらいがいいでしょう。ただ子猫や高齢の猫の場合体温調節が苦手なので23℃くらいにしておくといいですね。

次では電気を使わない安全な猫の寒さ対策グッズを紹介します。

電気を使わないおすすめ防寒安全グッズ5選

【ポンポリース】レンジOK 湯たんぽハリネズミ L


やはり電気を使わない安全な寒さ対策といえば「湯たんぽ」ですね。この湯たんぽはお湯を注ぐのではなく電子レンジで加熱して使うジェルタイプです。

特殊なジェルを電子レンジで1分から1分30秒温めます。モフモフの専用カバーがついているので暖めたジェルをカバーの中に入れるだけです。

仕事前の忙しい時間に簡単に用意できるのがうれしいですね。暖かさは約4時間持続します。

〔amazon〕レンジOK 湯たんぽハリネズミ【L】【グレー】(5616)ポンポリース

〔楽天市場〕【ポンポリース】レンジOK 湯たんぽハリネズミ L /犬 小型犬 猫 寒さ対策に ゆたんぽ あったか 冬 防寒

ペッツルート ニャンともおおきなもぐる実 かぼちゃ 《ふかふか寝心地》


猫が大好きな潜り込むことができる猫用ベッドです。綿がたくさん詰まったモフモフ感が猫にはたまりませんよね。

ちょっと大きめに作られているのでサイズが大きめの猫ちゃんや多頭飼いの猫ちゃんが一緒に入ることが出来ます。

〔amazon〕ペッツルート (Petz Route) ニャンとももぐる実2017 かぼちゃ

〔楽天市場〕ペッツルート ニャンともおおきなもぐる実 かぼちゃ 《ふかふか寝心地》【猫 ベッド 寒さ対策】

 

マルカン 遠赤でもっとホットベッド L ピンク DP-659 《遠赤綿を使用》

【送料無料】★★マルカン 遠赤でもっとホットベッド M ピンク DP-658 《遠赤綿を使用》【犬 猫 ベッド】


遠赤綿を使用しているのでほんのりとした優しい暖かさが持続します。子猫から高齢猫まで安心して使えるのがうれしいですね。サイズもM、Lの2サイズあります。犬でも猫でも使えますよ。

犬・猫用 マイクロファイバーのあったかクッション寝袋M


人間の毛布によく使用されるマイクロファイバーを使用したクッションです。潜ることが好きな猫ちゃんのために寝袋タイプになっています。

カラーはブラウン・ベージュ・ブラックの3種類、サイズはSとMの2サイズあります。マイクロファイバーは細かい繊維で熱を逃がしにくいのが特徴です。寒い冬には最適のアイテムですね。

〔amazon〕ottostyle.jp 小型犬/猫用 あったかクッション寝袋 Sleeping Bag ブラック 【Mサイズ】 (マイクロファイバー仕様) 幅70cmx奥行き53cm

あったか 湯たんぽ 犬 猫

★特価SALE★【送料無料】あったか 湯たんぽ 犬 猫 ホット ヒーター ペットハウス ペットソファー ペットベッド 冬 室内 防寒 暖房 布団 寝袋 毛布 こたつ もぐる ペット ハウス ソファー ベッド マット クッション ドッグハウス キャットハウス キャットケイブ


とてもコンパクトな湯たんぽなので持ち運びが出来ます。使用するお湯の量も500mlとペットボトルと同じ量。

専用カバーに入れるだけでポカポカ暖まりますよ。いつもの猫用ベッドの下や中に入れてあげるだけで優しく暖めてくれます。

まとめ

猫には寒さ対策が必要ですが、暖め過ぎも猫の健康に影響を与えます。飼い主さんは猫が寒い冬のお留守番でも快適に過ごせるように愛猫にあった寒さ対策グッズを選んであげるといいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)