自分と相性の合う犬種を見つけるためのコツ

犬を新しい家族として迎えようとするときとても多くの犬種があることを知った方も多いのではありませんか?たくさんある犬種の中から自分と相性の合う犬種をどうやって見つけたらいいのか悩むところですね。ここではたくさんの犬種の中から自分と相性の合う犬種を見つけるためのコツを紹介しましょう。

犬種は人間との関わり方でその特徴が違う

犬の種類であるそれぞれ犬種はどう違うのか?気になりますよね。それは人間との関わり方で犬の役目が違ってきたことに由来しているといわれています。

太古から人間とともに進化してきた犬はそれぞれの役割を持っていました。狩猟の手助けをする狩猟犬、羊やヤギの飼育を手助けする牧羊犬など多くの役割を担ううちにその役割にあった犬種がうまれてきたのです。そのため犬種には犬種固有の性格や特徴があります。

この犬種の基本的な性格や特徴を詳しく知ることは自分にあった犬種を見つける上でとても大切になります。

住環境を考える

あなたは犬をどこでかいますか?

日本では犬は外で飼育するという考え方があります。最近では欧米と同じように犬を室内で飼育する方も増えていますよね。そこでまずは犬を室内で飼うのか、室外で飼うのかを考えてみましょう。

あなたの住居は戸建てかマンション・アパート?

犬との生活をはじめる前に犬を飼うための住環境を考えてみましょう。これから犬を飼うところは犬と一緒に過ごすためのスペースがどれくらいありますか?

とくにアパートやマンションは犬のためのスペースがどれくらいあるかがとても重要になってきます。十分なスペースを確保することができるなら小型犬でも大型犬でも飼育することができます。

またアパートやマンションでは犬の臭いも気になりますよね。犬種によっては臭いの少ないこともあります。ほかの方に迷惑にならないように臭いの少ない犬種を選ぶといいですね。

犬の運動や散歩ができる場所が近くにありますか?

近くに犬の運動を十分行うことができる場所があれば牧羊犬や狩猟犬などの運動量が必要な犬を飼育できるでしょう。

スポンサーリンク

あなたのライフスタイルを考える

犬のためにどれだけの時間がとれますか?

犬は生きています。その犬の楽しみは食事や散歩ですね。また犬種によっては被毛のお手入れなどに時間がかかることもあります。

仕事や家事などに多くの時間をとられてしまえば必然的に犬のための時間は少なくなってしまいますよね。この場合はあまり運動量のいらないコンパニオンドッグなどがおすすめです。

犬のために毎日1時間ほど散歩の時間がとれるまた休日にはドッグスポーツを楽しみたい方は牧羊犬などの活動的な犬種がいいでしょう。

お手入れに時間をかけないときは抜け毛の少ない犬種を選ぶといいですね。シーズーなどのシングルコートの犬は抜け毛が比較的少ないといわれています。

高齢者や子どもと生活していますか?

高齢者や子どもと一緒に生活している時も犬との相性がとても大切です。犬種によっては子どもや高齢者が苦手なこともあります。

リタイアした方には時間的余裕がありますが体力的にはどうしても自信がないという方がいます。散歩の時間が短く飼い主さんとまったりすることが好きな犬種がいいでしょう。

最後まで一緒に過ごす覚悟が必要

犬を飼うということはその犬の一生をあなたが見守るということです。犬は10年ほど一緒に過ごすことになります。「こんなはずじゃなかった、こんな性格とは思わなかった、こんなに手間がかかるとは」など犬を飼い始めてから後悔することがないようにあなたにあった犬種を見つけましょう。

また飼い始めて途中で投げ出すわけにはいかないので欲しいと思った犬種について本などで詳しく調べることも大切ですね。

まとめ

ペットショップで見かけたとき単に可愛いからというだけで衝動的に犬を買うことだけはおすすめできません。犬を飼うときは自分のライフスタイルに合った犬種をじっくり選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)