カピバラをペットとして飼える?購入価格や餌代、注意点は?

大型の齧歯類であるカピバラ。そのかわいらしい仕草で動物園では人気者ですね。このカピバラをペットとして飼育することができるのでしょうか?ここではカピバラの購入価格や餌代、飼育するための注意点について詳しく解説します。

カピバラはペットとして飼育できる

カピバラは大型の齧歯類で南米が原産の外来種です。ただカピバラを飼育するための特別な許可は必要ではありません。そのため誰でもカピバラをペットとして飼育することが出来ます。

カピバラの購入価格はどれくらい?

カピバラはもちろん普通のペットショップでは販売していませんよね。でもインターネットなどでは珍しい動物を取り扱っていることがありカピバラを販売しているサイトもあります。

とても購入することが困難な動物なので平均的には1頭あたり50万円以上といわれています。個体によっては70万円以上することもあります。ペットとしてはとても高額といえるでしょう。

カピバラの餌代はどれくらい?

カピバラは草食動物です。主食はくだものや野菜類になります。しかも新鮮なものが必要なので買い置きはできませんよね。

このほかペレットなどの人工飼料も食べてくれます。栄養バランスを考えて動物園などでは野菜やくだものと一緒にペレットも与えているようです。

カピバラは大型の動物なのでよく食べます。1日の食事の量は約3kgです。くだものやサツマイモ、野菜を数種類毎日必要になります。そのためカピバラ1頭の餌代は毎月3万円以上かかるといわれています。また季節や天候によってくだものや野菜の価格は変動するのでこれ以上餌代がかかることもあるでしょう。

カピバラを飼育する上での注意点は?

スポンサーリンク

ストレスを貯めないために広い飼育場が必要

カピバラはストレスを感じると噛みついたりすることもあるのでストレスを感じさせないような広い飼育環境が必要です。十分に運動をさせることはとても大切ですね。

齧歯類なのでかじり木が必要

カピバラは大型の動物ですが、ネズミなどと同じ齧歯類です。そのためなにもしないと前歯が一生伸び続けます。前歯が伸びすぎないようにカピバラが囓ることができるかなり大きめのかじり木が必要になります。

水遊びができるプールや水場が必要

カピバラは水中で1日の多くを過ごします。また水中でトイレを済ませる習性があるのでカピバラが水遊びできる広めの池やプールが必要です。カピバラを室内で飼育するときも水で遊べるようにしましょう。

カピバラは水浴びをすることで皮膚の衛生を保ち綺麗な毛並みを維持しています。そのため水浴びできる池やプールは必ず用意をしてあげましょう。

寒さに弱いので温度管理が大切

カピバラは南米の温暖な地域が原産の動物です。カピバラにとって日本の冬の寒さはとても辛いものになります。

カピバラの飼育を室外で行う場合は水辺のほかに屋根のある場所や小屋を用意してあげましょう。できればカピバラが寒さや雨をしのげる小屋を用意してあげるといいですね。小屋はカピバラの寝床にもなります。

室内での飼育の場合はエアコンなどで室温を一定に保つようにしましょう。

カピバラを診察してくれる獣医師を探すこと

カピバラはペットとして飼育されることが少ない動物です。そのためまだ詳しい飼育方法などが分からないともいえます。カピバラをペットとして飼育する前に病気になったときなどに診察してくれる動物病院を探しておくことが大切です。

まとめ

カピバラは一般家庭でもペットとして飼うことができます。ただカピバラを飼育するにはかなりの手間とコストがかかるということを覚悟しましょう。カピバラはとても長生きで飼育下ではその寿命は10年といわれています。カピバラを飼育するにはかなりの費用と広い飼育場が必要になるので個人でペットとして飼育することは難しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)