犬の鳴き声の種類とその意味をまとめてみました。

犬の鳴き声にはいろいろな種類があります。その鳴き声には犬の気持が詰まっています。飼い主さんは犬の鳴き声の意味を知ることで少しでも犬の気持が分かるといいですね。ここでは犬の鳴き声の種類とその意味をまとめてみました。愛犬の気持を考えるときの参考にしてくださいね。

犬は鳴き声で気持を表現する

犬の鳴き声は犬のいろいろな気持を表現しています。犬の喜び、恐怖、怒りなどを表現しています。犬はこの鳴き声で犬同士のコミュニケーションをとっています。

犬の鳴き声を聞き分けるためにはポイントが3つあります。

鳴き声の音の高さ

鳴き声の長さ

鳴き声を繰り返す回数

この3つの点に気をつけることである程度は犬の気持を推測することができます。

喜びや楽しさを表す鳴き声

少し高めの声でワンワンと短く吠える

犬が挨拶しているときの声です。散歩のときなどによく会う人や仲間の犬に対する挨拶ですね。

中くらいの高さでワンと短く吠える

何かいいことがあるかもしれないという期待をしているときの鳴き声です。

中くらいの高さでプレイバウの姿勢から吠える

ドッグランなどで犬同士が遊ぶときによく聞かれる鳴き声です。前傾姿勢で前足をかがめお尻が上にあがった状態をよくみることがありませんか?飼い主さんと遊ぶときにも見られるこの姿勢で犬が吠えるときは「早く遊ぼう!」と誘っているときです。

遊んでいるときに中くらいの高さから徐々に声のトーンが高くなるとき

遊びが楽しくて仕方ないときに聞かれる鳴き声です。追いかけっこなど犬同士で遊んでいるときや飼い主さんと遊んでいるときによく聞かれます。

恐怖や警戒、威嚇を表す鳴き声

低い声で力強く短くワンと吠える

かまわれるのが嫌なときの鳴き声です。強い威嚇ではありませんが自分が煩わしく思っていることを伝えようとしています。

スポンサーリンク

中くらいの高さで何回も繰り返し吠える

自分たちのテリトリーに侵入者や不審者が入ってきたことを見つけたときの鳴き声です。ほかの仲間や飼い主さんに不審者がいることを知らせています。

ウーという低いうなり声

相手に対する威嚇です。それ以上近づくなよ!と警告しています。相手がひるまなければ喧嘩になってしまいます。

寂しさや悲しみを表す鳴き声と高鳴き

クゥーン、クゥーンと弱々しい鳴き声

何ともいえない悲しそう表情をして犬がクォーンクォーンと鳴いているときは寂しいよう、甘えたいようと飼い主さんに訴えています。

キャンキャンという鳴き声

犬が痛みを感じているときや何かに恐怖を感じたときの鳴き声です。特徴的なのはとても高い音で続けてキャンキャンキャンと鳴くことです。この声を聞くと犬に何かかったのかなと飼い主さんも感じますよね

キャンと一声短く鳴く

犬の体のどこかに痛みを感じているときにこの鳴き方をします。また瞬間的に驚いてしまい何かに恐怖を感じたときも同じような鳴き方をします。

ときにはご飯やおやつを催促するときもあります。

犬の鳴き声の意味はその前後の状況で判断することが大切

犬は鳴き声でいろいろな気持を表現していることを紹介しました。多くの犬の鳴き声でとても似通ったものがあり鳴き声だけでは犬の気持を理解しにくいこともあるでしょう。

犬の鳴き声の意味を知るには日頃から犬とのコミュニケーションをしっかりとっておくことが大切です。そして犬が鳴いたときの状況をしっかりと把握することで犬の本当に飼い主さんに伝えたかったことを理解することができるでしょう。

まとめ

犬の鳴き声には本当にいろいろなパターンがあります。飼い主さんはそのすべてを覚えなくても犬の性格や鳴いたときの状況を考え合わせることで自然と理解できるようになるでしょう。犬の鳴き声の意味を知るためには毎日犬と遊んだりするスキンシップとコミュニケーションがとても大切ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)