【無添加で安心安全】猫用おやつ通販おすすめ6選


おやつといえば犬!というイメージがありますが最近では猫におやつを与える飼い主さんが増えています。猫とのコミュニケーションのひとつとしておやつを与えることも飼い主さんとしては楽しいですよね。でも大切なのは安心安全なものを与えることです。ここでは無添加で安心安全な猫用おやつのおすすめを6選紹介しましょう。

無添加おやつを選ぶときは原材料を確認すること

おやつにもたくさんの種類がありますよね。そのなかから愛猫に安心して与えることができるものを選ぶことはとても大切です。

そこで一番に確認することは無添加であることです。さらに原材料は何かということがとても大切になります。無添加という表示というだけではなく原材料をよく確認することが大切です。無添加おやつの中にも原材料が粗悪なものが含まれていることがあります。

原材料はシンプルなものを選びましょうね。

ネコ専用 おやつ お肉のサラミ 牛タンサラミ

まねき肉 猫用サラミ 牛タンサラミ25g


猫のための100%お肉でできたサラミです。日本では猫はお魚というイメージが強いのですが本来猫は肉食です。ライオンや虎などとおなじ猫科の動物です。そのため猫は肉が大好きなのです。猫が喜ぶお肉100%のサラミです。

猫用おやつ 無添加獲れたて 細切りささみハード 小袋タイプ

猫用おやつ 無添加獲れたて 細切りささみハード 小袋タイプ


国産のささみを細切りにし乾燥させてあります。少しハード仕上げですがかみ応えがありきっと猫も満足することでしょう。

無添加なので安心して猫に与えることができます。この小袋シリーズには「まぐろコロコロ」「しゃけコロコロ」「さんまコロコロ」「はまちコロコロ」「まるごとまめあじ」「さわらジャーキー」「フリーズドライチーズ」があります。愛猫の好みなどにあわせておやつを選ぶことができることはうれしいですね。

キャットマム 無添加のおいしさフリーズドライ まぐろ 10g

キャットマム 無添加のおいしさフリーズドライ まぐろ 10g〔18070901co,s07_co〕


天然素材の栄養価を損なうことなくフリーズドライ製法で作られたおやつです。猫が大好きなまぐろなのでおやつや食事のトッピングとしても与えることができます。

お湯を注ぐだけですぐに柔らかくなるのでシニアの猫にも食べやすいですね。

国産 きびなご 100g(50g×2) 塩分無添加

国産 きびなご 100g(50g×2) 塩分無添加 犬猫用おやつ ぱっくん亭【HLS_DU】 関東当日便

国産のきびなごを使った100%お魚のおやつです。ちいさめのきびなごを乾燥させています。加工する際には真水を使っているためきびなご本来の味を楽しむことができます。

カルシウムやビタミンDを多く含んでいるのはうれしいですね。また50gパックの2個セットなので飼い主さんとしてはとても便利です。

【無添加国産 自然食おやつ】特選品 本鰹(かつおパフ)[25g]

【無添加国産 自然食おやつ】特選品 本鰹(かつおパフ)[25g] | cat visions

鹿児島県枕崎でとれたかつおを薄くスライスし高圧で加工することによってパフに仕上げています。もちろん原材料はかつおだけですので安心して愛猫に与えることができます。

パフ状のおやつなのでとても軽く持ち運びにも便利です。また適度な硬さがあるので歯磨きの代わりに与えてもいいですね。

ほかにも静岡・鹿児島県産のまぐろを使用した「まぐろパフ」もあります。

ムーラムーラ  シャーク/フリーズドライ 15g

最短賞味期限2019/9/14・ムーラムーラ シャーク/フリーズドライ 15g 猫用おやつ/犬もOK/トッピング/オーストラリア産/Moora Moora/正規品 mm93026


原材料はシャーク生肉94.9%、ケール5%、乾燥海草0.1%(すべてオーストラリア産)です。オーストラリアの美しい海で育った天然のシャークが主原料です。

シャークにはコンドロイチンやコラーゲンが多く含まれていることで知られていますよね。またケールや乾燥海藻を加えているのでビタミンやミネラル分も含まれています。

フリーズドライ製法なので原材料の栄養価を損なわず原材料が本来持っている味だけを楽しむことができます。

このシリーズにはほかにも「ラム&トライプ」「エミュー」「カンガルー」があります。いずれもフリーズドライ製法なので素材の味をそのまま楽しむことができます。またアレルギーが起こりにくいとされる素材でもあります。

まとめ

猫用のおやつには魚だけではなく肉類も多くあります。愛猫の好みに合わせて与えることができるのはうれしいですね。おやつを与える目安は1日の給餌量の10%未満です。おやつの与えすぎは肥満の原因にもなるので飼い主さんは猫の様子をしっかり観察しておきましょうね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)