愛犬に冬用のコートが必要ですか?

おすすめ!


寒い季節に合った装備があれば、冬も犬にとっては素晴らしい世界が広がっています。

もし、コートやセーター、つまらないアクセサリーなどで過度に着飾ったペットをよく見るなら、知っておくべきことがあります。多くの犬種は、寒い冬を乗り越えるために、実際に冬用のコートやセーターが必要なのです。ご自分の犬にコートが必要かどうかを判断する方法をご説明しましょう。

コートはどの犬種が本当に必要?

当然のことながら、小型犬は恐らく最も余計に防寒する必要がある犬種です。チワワ、小型のテリア、ミニチュア・ピンシャーやその他の小型犬種は、単純に寒い冬の気候に耐える力がありません。短毛種の犬や、ホイペット犬やグレイハウンドのような痩せた犬種は、寒さで震えることが多くても、コートやセーターを着ていれば、冬の毎日の散歩をもっと楽しめるでしょう。

気温がゼロ℃以下になる地域に住んでいる場合や、冬でも多くの時間を外で過ごす犬にとって、コートはおススメです。寒さに慣れている大型犬も同様です。お腹は毛に覆われておらず、風雨にさらされていることをお忘れなく。同じように、病気や怪我から回復中の犬、老犬や子犬もまた、極寒の気温にはより弱いものです。

獣医は、生まれつき寒い気候にも耐えられる毛の長いより大きな犬種に対しても、コートを着せるよう勧めています。

スポンサーリンク

どんなコートを探す?

犬用のコートやセーターは、ウールやフリースのものがよくありますが、様々な生地のものがあります。雪の降る地域に住んでいる場合は、私たちが使うパーカーのような防水加工の生地のものが良いかもしれません。どんな生地のものを選ぶにしても、手入れがしやすいものが良いでしょう。

さらに寒さから犬を守るのであれば、ぴったりフィットしてお腹も完全にカバーし(オス以外)、
尻尾の根元まであって、歩く・走る・休むのに脚に邪魔にならないようなセーターが良いでしょう。「袖」が長いようなフルレングスのコートは、犬にとっては着にくく、いつものように動くのを妨げるかもしれません。可能であれば、着心地が良くフィットし、脱ぎ着しやすいセーターを選んであげましょう。

ほとんどのセーターには、S、M、L、XLサイズがあります。どのサイズがいいのか分からない場合は、このように選んでみましょう。通常、小型犬はXS、ビーグルのような犬種はS、レトリーバーのような犬種はL、大型犬はXLを選びます(実際のサイズはメーカーによって異なります)。

犬用の衣類は、ただの飾りものではなく、必需品であることをお忘れなく。ですから、愛犬のために用意してあげることを恥ずかしいと思わないでください。寒い季節に合った装備があれば、犬だって冬を楽しめる素晴らしい季節なのです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です