【犬の感情表現】こんな時、実は遊びたいんです

犬が優秀なペットであるという1つの理由として、彼らは人とのコミュニケーションが取れるということが挙げられます。
ペットとしての犬は私たちを犬社会の家族の延長であると見なして、私たちの気持ちや意図をよく理解してくれます。
犬同士でのコミュニケーション方法を理解すれば、犬の言いたいことも分かるようになるでしょう。

犬流のコミュニケーション

犬は他の犬と、多様な表情、動作、鳴き声や沈黙も含めた一連の信号をもってコミュニケーションを図ります。
犬は感情の表現に口を目を耳を、そして尻尾を使うでしょう。
その感情表現を読み取ることで、ケンカやあらゆる状況においてどの犬が群れのトップであるかを理解できます。

好戦的、もしくは勇敢な性格の犬は、自身をより大きく力づよく見せようとします。
そういう時、犬は尾や耳を立てて高く立ち上がり、胸を張って、首回りや背筋の毛を逆立てます。
また、尾をゆっくりと振って唸ったりもします。

一方、人懐っこい犬は小さい子犬のような振る舞いをします。
成犬は子犬を叱ることはありますが、攻撃することはないからです。
立場の弱い犬は上の立場の者に接するとき、低くかがんで尻尾を下げて熱心に振るといった行動を多く見せます。
その犬は手をなめたり、前足で上の立場の犬または人の顔を軽く叩きます。
もしこのような行動があまり見られない場合は、寝返りを打ってお腹を晒しているかもしれません。
このような状態のとき、犬はまれに漏らしてしまうことがあります。

尻尾は語る

誰もが知ってる犬の特徴的な行動、それは尻尾を振ることです。
人間にとってはそれは敗北のポーズと言われていますが、思い切り尾を振ることは喜びや一般的な友情を示しています。
背筋を張って大げさに尻尾を振るのは、とても尾の短い犬にも見られる服従のポーズになります。

尻尾はまた、他の感情のメーターにもなります。
体を強張らせ、体の後ろでゆっくりと尻尾を振っていれば、怒りを表しています。
尻尾を腰から下を低く保っているのは不安がっているサインです。
緊張して滅入っている犬は、気分を落ち着けるために尻尾を垂れ下げて固く振ったりします。

スポンサーリンク

耳、目、そして口元

犬は表情によって不安なのか興奮しているのか、おびえているのか、楽しんでいるのか他にも幅広い彼らの感情を多く伝えてくれます。
犬が耳をピンと立てていれば、周りの音に注意しているときです。
しかし、耳を伏せているときには喜びもしくは服従や恐怖を表しています。
犬の表情を正確に理解するには、ほかの犬の発する信号も一緒に見ていなければなりません。

目を細めている、もしくは半目になっているときは喜びや服従のどちらをも表しています。
しかし大きく見開いているときは攻撃的になっています。
野生では、群れのリーダーがただ睨みを利かせるだけで群れの統率をとることができます。
犬が睨み合いを始めると、一方が挑発するまで、もしくは一方の根負けしたほうがよそを向くまで、終わることはありません。

もしあなたの犬が攻撃的だったり神経質な性格をしていて、噛みつかれたり、粗相をされても睨んではいけません。
それでもなお普段通りの優しい目で犬を安心させることで、互いの絆をより強くすることができるのです。

人懐っこい犬、とりわけラブラドールのような犬が、歯を見せてにっこりと笑いかけてきたときには笑って返しましょう。
しかし怒って唸っているときには、口の端を引いて歯をむき出しにして唸って敵意を見せたり、さらに吠えたりすることもあります。

遊び

犬は遊びんで欲しい時、前足を上げて見せたり、遊んでほしいというポーズをしたり、飼い主の気を引くために吠えたりすることがよくあります。
他にも、周りのもので遊んだり、他の犬を誘って駆け回ったりもします。

今自分の犬の豊富で多様な感情表現についてより深く学んだことで、これまで以上に犬のことを理解できるようになったでしょう。
犬の気持ちを理解することが、犬とあなたとのより親密な関係へとつながっていくのです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)