ゴールデンレトリバーを飼う前に子供とすべき9つの約束

ゴールデンレトリバーは代表的なペットです。気性はのんびりしており、子供への愛情が深いため、子供のいる家庭でゴールデンレトリバーを飼うと兄弟同然の強い絆が生まれることがよくあります。

子供が成長するとともに、子供たちが家族の一員であるゴールデンレトリバーをより愛するためにあなたにできることがあります。
これは子供たちが責任や思いやりを学ぶことができる素晴らしい機会です。思い出してください。彼らの友情には大人の教えや導きが必要だったはずです。犬が子供に触れるときよりも、子供が犬に触れるときのほうが覚悟が必要なのです。

GOLD STRIKE: GOLDEN RETRIEVERS on Pinterest | 1469 Pins

子供たちにはどのように犬の世話をさせるか

毛づくろい­—もしも、子供がそれなりに大きくなっているならブラッシングのような毛づくろいを任せることができます。
「毛の流れに沿って優しくブラッシングをしてあげよう」と説明してあげるといいでしょう。また、犬をお風呂に入れる時に手伝ってもらうのもいいですね。爪を切るのは犬が暴れる可能性があるので、大人がやるようにしましょう。

運動—もしあなたの家のゴールデンレトリバーがよく躾けられていて、子供も一人で外に出られるくらいの歳であれば散歩を任せましょう。
また犬には散歩だけでなく、公園でボールやフリスビーを投げてやるといった楽しむことのできる運動も必要です。
犬が子供の言うことを聞くかどうか心配なのであれば、近隣の大人に協力してもらうのもいいでしょう。

スポンサーリンク

餌やり—犬が子供を主人と認めている限り、10歳になった子供はゴールデンレトリバーの餌やり係に任命されることが多いです。餌やりは、大人が見ているところで、毎日やらせた方がいいでしょう。

ゴールデンレトリバーを飼う時に子供とする9の約束

  1. 犬のパーソナルスペースを守ります
    -犬がご飯を食べているとき、寝ているとき、トイレにいるときに触ったり嫌がるようなことをしない。
  2. 犬を驚かせません
    -寝ているときに後ろに立たない。犬が怖がって噛みついたりします。
  3. 犬に向かって走りません
    -犬がおびえます。
  4. 犬の周りで叫んだり、大きい声を出しません
    -犬が動転します。
  5. 犬の耳やしっぽ、足をひっぱらない
    -遊んでいるつもりでも犬は喜びません。犬が怪我をしたり凶暴にになる可能性があります。
  6. 犬をいじめてはいけません
    -あなたがいやだと思うように、犬も悲しみます。
  7. 犬が口の端を上げていたり、歯を見せていたら近づいてはいけません
    -あなたにあっちに行ってと合図をしています。
  8. 犬があおむけになっておなかを見せてきたら、撫でてあげましょう
    -これはあなたに懐いてるというサインです。必ずしも撫でる必要はありませんが、撫でてあげれば喜ぶでしょう・
  9. 犬の調子が悪そうだったら、何もしないで親に教えてください
    -犬は一人になりたいだけかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)