犬用ベッドの選び方6選【なぜ犬にベッドが必要?】

犬用のベッドは飼い主にとって実用的な目的もあります。あなたのソファやベッドに愛犬を上がらせず、ペットの毛やフケを一カ所にまとめることもできます。

dog_beds

家族のメンバーでもある毛がフサフサした愛犬は、あなたと同じように暖かくて寝心地の良いベッドが必要です。

犬用のベッドを用意してあげると、ペットが自分の居場所を持つことができます。夜には良く眠れる場所であり、疲れた時にはリラックスする場所でもあり、1日があまりに慌ただしい時には安全で静かな隠れ家にもなるのです。それに、冷たく固い床からの断熱材としても役立ち、また、関節や骨をサポートするクッションにもなるのです。

犬用のベッドは飼い主にとって実用的な目的もあります。

あなたのソファやベッドに愛犬を上がらせず、ペットの毛やフケを一カ所にまとめることもできます。

あなたの愛犬に最適なベッドを選ぶ方法

ベッドの大きさが十分かどうか確認しましょう。

愛犬が手足をいっぱいに伸ばしたときに、身体全体を支えるのに十分な大きさでなくてはなりません。愛犬の身体の大きさを測って、快適にベッドにフィットするように、さらに12センチほどの余裕を持ちましょう。

愛犬の実際の睡眠習慣について考えてみましょう。

あなたの愛犬が休んでいるとき、枕に頭を乗せるのが好きですか?それともソファの肘掛けに乗せるのが好きですか?もしそうなら、枠があるベッドを探しましょう。あなたの愛犬は隠れるのが好きですか?それとも巣を作るような行動をしますか?それなら、柔らかい枕のようなベッドが最適かもしれません。

スポンサーリンク

品質に投資しましょう。

整形外科用の素材でできたベッドはさらに高価なものかもしれませんが、愛犬の骨や関節に優れたサポートを提供し、ベッドの形も長持ちしますので、従来のポリエステル材やスギ材チップ製のベッドほど早く交換する必要はないでしょう。

手入れしやすい素材を選びましょう。

もし愛犬の毛が抜け落ちたり、よだれを垂らしたりした場合には、内側の枕がリバーシブルで洗濯機洗いができるベッドが必要でしょう。

室外犬には室外で使えるベッドを準備しましょう。もし、あなたの愛犬が外でたくさんの時間を過ごす、または、犬小屋で寝る場合は、カビや菌類の繁殖を防ぎ、あなたの愛犬に有害なその他の屋外にある危険物にも対応できる素材のベッドを探しましょう。

愛犬のベッドを置く場所もまた重要です。

ベッドは愛犬が休む場所であることを忘れないでください。ですから、家の中で人の出入りの多い場所は避けるようにしましょう。あなた自身が多くの時間を過ごす部屋を選びましょう。そうすれば、愛犬といつも近くに居ることができます。もしあなたの愛犬がまだ木箱を使っているなら、木箱の中にベッドを置いてあげる必要があるかもしれません。

犬用の良いベッドは贅沢ではありません。

むしろ、必要な設備のひとつなのです。ですから、最適なものを見つけられるようじっくり時間をかけましょう。結局のところ、あなたはベッドが欲しいのです。そして、そのことで得られる恩恵は、一生続くのです。

>>犬用ベッド冬用おすすめ4選

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)