子どもが飼いやすいペットのおすすめを考えてみました。

おすすめ!


子どもから「ペットを飼いたい」とせがまれた経験がある方は大変多いでしょう。確かにペットを飼うことは子どもの情操教育に大変効果があると言われていますね。そこでここではとくに子どもが飼いやすいおすすめのペットを紹介しましょう。

子どもがペットから学べること

情操教育と言っても具体的にはわかりにくいところがあります。一言で言えば子どもの「心」を育てる教育といえますね。ペットを飼うことで子どもは命の大切さを学ぶことができます。ペットの世話を任されることで責任感が芽生えます。このように子どもはペットを飼うことで多くのことを学ぶことができるでしょう。

一番おすすめは犬。

人間と昔から行動を共にしてきた犬は人に懐きやすく子どもと上手につきあうことができる動物といえるでしょう。犬には、子どもと上手につきあうことができる犬種がいます。犬をペットとして飼うときは子どもとつきあうことが上手な犬種を選びましょう。

また子ども1人では散歩や食事など犬の世話をすることは大変なので、親も一緒に犬を育てることを考えておきましょう。犬は10年以上生きることが普通なので子どもが成長したあとは親が世話をすると言うことを考えておくといいですね。

自由気ままな猫もおすすめ

猫は自由気ままで散歩もいらないので子どもが飼いやすいペットといえるでしょう。猫は子どもにそっと寄り添ってくれます。犬のようにいつも一緒というわけにはいきませんが静かに見守っていてくれるでしょう。

ハムスターもおすすめ

家庭の事情で犬や猫が飼えない場合はハムスターがおすすめです。体も小さく、スペースもあまり必要ないのでマンションやアパートでも飼うことができます。また犬や猫のように鳴き声を気にすることがありませんね。

スポンサーリンク

体が小さい動物なのでその寿命も短くゴールデンハムスターで約3年、ジャンガリアンハムスターで約2年です。ハムスターは基本的に1つのケージに1匹で飼うといいですね。

ハムスターの飼い方をあらかじめ親子で調べておくといいでしょう。小学校低学年の子どもでも十分世話をすることができます。

小鳥

小鳥も子どももしっかり世話をすることができるペットです。とくに文鳥やジュウシマツなどはとても人に懐きやすくコンパニオンバードとして愛されています。

性格も穏和でおとなしいので小学校低学年でも世話をすることができます。つがいで飼うと卵を産み子育てする様子を観察することができますよ。

うさぎ

うさぎも子どもが十分世話をすることができるペットです。子どもと一緒に飼うのであればネザーランドドワーフなどの小型のうさぎをおすすめします。

小型のうさぎは性格的にも比較的おとなしく正しく扱えば噛みつくこともほとんどないでしょう。ただうさぎはとてもデリケートな動物です。とくに飼い始めや子うさぎの頃は環境の変化に敏感になりがちなので接し方に注意しましょうね。

亀も静かで飼いやすいペットですね。またほかのペットに比べて大変長生きで20年以上生きると言われています。

亀は爬虫類とされていますが遺伝学的には鳥類に近いとされています。そのため亀は名前を呼ぶとゆっくりとやってくるようになりますよ。

水槽の手入れや餌やりなど子どもでも世話がしやすいでしょう。亀を飼育する場合は長生きをする、最初は小さくても大きくなる可能性があることを知っておきましょう。

まとめ

幼少期から10歳くらいまでの間に動物などに接する機会があると感性豊かな子どもに育つと言われています。ペットの世話を子どもだけですべて行うことは難しいので保護者も一緒に世話をするようになることは覚悟しておきましょうね。ペットを飼う前に家族で役割分担や飼い方などについてしっかり話し合うことが大切でしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です