羽田空港への見送りに犬を連れていきたい!トイレや散歩は可能?マナーは?

友人や家族が旅立つとき、家族同然に過ごしている愛犬と一緒に羽田空港へお見送りに行きたいと考えている飼い主さんのために羽田空港への見送りに犬をつれていくことができるのか、トイレや散歩、マナーについて考えてみましょう。

羽田空港へ犬を連れて行ける?

空港施設への立ち入りに関しては航空機の安全な運航を行うという観点から国土交通省によって「空港管理規則」が設けられています。その中に動物の持ち込みに関する規則が明記されています。

スポンサーリンク

この規則の中で動物を連れて空港ターミナル内と制限区域に立ち入ることが禁止されています。ただし介助犬や盲導犬などの補助動物に関しては立ち入ることが認められています。

また飼い主と一緒に旅行する際に飛行機へ同乗する場合に限っては犬をゲージに入れて搭乗手続きのためカウンターまで連れていくことができます。そこでペットを預けたあと飼い主さんはターミナル内を移動することができます。

そのため家族や友人の見送りのためだけに羽田空港の空港ターミナルへ犬を連れていくことはできません。

羽田空港では散歩させることができる?

空港ターミナル内には犬を連れていくことができませんが、空港周辺や展望デッキはどうでしょうか?

展望デッキ

展望デッキは基本的には犬を連れていくことができません。ただ口コミでは案内の方に聞いたところ抱っこできる小型犬の場合はデッキに連れていくことができたこともあるようです。どうしても展望デッキで見送りをしたい場合は直接案内の方に聞いてみるといいかもしれませんね。

空港周辺

空港行きのバスが発着するバス停の周辺や羽田空港第二ビル駅周辺では犬を連れていくことができます。散歩もある程度は可能でしょう。またペット同伴ができるレストランなども多数あります。

スポンサーリンク

犬のトイレはどうする?

空港は基本的に犬を連れていくことができませんよね。そこで犬を連れているときに困るのがトイレの問題です。

羽田空港の場合は、第二ターミナルに新設されたP4の駐車場のところに介助犬や盲導犬用のトイレが設置されています。もちろん一般の犬も使用することができるのでこのトイレを使用することをおすすめします。排泄する場所が限られているので時間的な余裕をもって空港へ連れていきましょうね。

最善の方法は自宅を出る前に排泄を済ませることです。また第一ターミナルからはトイレまでかなり遠くなっています。どうしても間に合わないときはバス停などの周辺で排泄させることも考えましょう。その時ペットシートなどを敷くと犬の排せつ物の匂いがしませんよ。

空港へ連れていくときのマナーは?

空港はとても多くの人が集まってきます。その中には犬が苦手な方もいますよね。犬を多くの人が集まる公共の場へ連れていくときは基本的なしつけをしっかりと行っていることが前提です。

社会性が乏しくすぐに吠えてしまう犬や噛みつく癖のある犬、呼び戻しができない、興奮しやすい犬などは絶対に空港へ連れて行かないようにしましょう。

犬の排せつ物は絶対に放置せず必ず持ち帰りましょう。また犬がおしっこをする際は水をかけるかトイレシーツの上でさせましょう。

まとめ

日本では犬を空港へ連れて見送りに行くことはあまりおすすめできません。空港はとても多くの人が集まる場所です。犬が嫌いな方や犬などの動物アレルギーを持っている方もいるかもしれません。また多くの人が集まる空港施設の慣れない環境は犬にとっても大きなストレスになってしまう可能性があります。

日本ではまだ犬と一緒にどこへでも行くことができるという環境は整っていません。家族同然の犬をどこへでも連れていくことができるように飼い主さんは基本的なルールをしっかり守るようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)