ハムスターが脱走してしまったときの探し方。対策はどうする?予防法は?

ハムスターは時々自由を求めて脱走することがあります。小さいハムスターが脱走してしまうと飼い主さんはパニックになってしまいますよね。そこでここでは万が一ハムスターが脱走してしまったときに飼い主さんが慌てないように脱走したハムスターの探し方と対策、さらに予防法についてくわしく解説します。

ハムスターが脱走したときの探し方

ハムスターはよく脱走を試みます。ほとんどの場合数時間から数日でハムスターを見つけることができます。ここではハムスターが脱走したときときの探し方を解説しましょう。

スポンサーリンク

飼い主さんは落ち着くこと

ハムスターが脱走してしまったことに気が付いたとき飼い主さんはあわててしまいますよね。ハムスターが脱走したときに大切なのは飼い主さんが落ち着くことです。

ハムスターが脱走する要因の一つに大きな音や飼い主さんなどの急な動きに驚いてしまうということが考えられます。まず、飼い主さんは落ち着いて飼い主さん以外の人にそっと部屋から出てもらいましょう。

部屋のドアを閉める

ハムスターが脱走した部屋はもちろんそのほかの家中のドアを閉めます。とくに部屋の窓は閉めて壁や床との隙間をできるだけなくします。またお風呂の浴槽のフタがしまっているかを確認することが大切です。

ほかのペットを近づけない

ハムスターのほかにペットを飼っている場合は、ケージに入れるかほかの部屋へ移動させます。とくに猫・犬・フェレットには十分注意しましょう。

ハムスターを探す

ハムスターが逃げた部屋が特定できている場合はハムスターが行きそうな場所を探します。ハムスターは暗くて暖かい場所を好みます。部屋の中でハムスターの好きそうな場所を重点的に探しましょう。

スポンサーリンク

ハムスターのいる部屋が特定できない場合は、夜、すべての部屋にハムスターの餌を置いておきます。ハムスターがいる場合は、餌を食べているのでその部屋を重点的に捜索します。

ハムスターを捕獲するときには捕獲機などを使うといいでしょう。

ハムスターの脱走防止対策は?

一度脱走したハムスターは脱走を繰り返すことがあります。ここではハムスターの脱走予防対策について考えてみます。

ケージの再点検をする

ハムスターがケージから脱走する場合、ケージが破損している可能性があります。破損しているところや緩んでいるところなどを見つけたらすぐに修理をします。とくに金属柵の部分や底面、側面などを丁寧に調べましょう。

ケージを補強する

ケージの破損している個所や破損しそうな個所を修理・補強します。ケージのドアを開けるハムスターの場合は南京錠などで施錠するといいでしょう。

ケージの扉は必ず閉める

ハムスターのケージの掃除や餌を与えるときなどケージの扉を開ける場合は、最後に扉を閉めたかどうかを必ず確認しましょう。ハムスターの脱走の原因のひとつに扉の閉め忘れがあるのでとくに気を付けましょう。

ハムスターの住環境を点検する

ハムスターがケージから脱走するとき、そのケージを置く場所がハムスターにとって落ち着かないところなのかもしれません。ケージを置く場所を静かな場所に置きましょう。

ハムスターを捕獲したときはケージで過ごすハムスターの様子を観察しましょう。寂しそうなら餌や新しいおもちゃを与えてみます。それでも寂しそうなら飼い主さんに遊んでもらいたいのかもしれません。ときにはハムスターと一緒に遊んであげるといいでしょう。

まとめ

ハムスターが脱走したときはあわてて騒がないようにしましょう。ほとんどの場合ハムスターを見つけることができます。飼い主さんは落ち着いてハムスターを探すことが大切です。

(Visited 15 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)