ジャーマンシェパード:献身的ペットと戦争の英雄

リン・ティン・ティン がTVに出るずっと前、ジャーマンシェパードはその勇敢さと英雄的行為で賞を受賞しました。実際、軍隊での彼らの活躍は何千もの命を救ったのです。

ジャーマンシェパードを最初に警察や軍犬にするという重要な役割を果たしたのは、キャプテンマックスエミールフレデリック·フォン ステファニズです。最初は、軍もこの考えに反対でしたが、フォン ステファニズがこの品種の犯罪者逮捕に対するサポート能力を証明し、最初は何匹かを迎えることにしました。ジャーマンシェパードは任務を見事に遂行し、第一次世界大戦の戦闘でメッセンジャー、歩哨、警備の同行として選ばれました。

 

第二次世界大戦の最前線で

第一次世界大戦後まもなく、勇敢なジャーマンシェパードの話はヨーロッパや北米中に広がりました。その評判で第二次世界大戦中、ジャーマンシェパードはアメリカ軍に召集され、「犬の防衛」プログラムの一環として、見張り、スカウト、メッセンジャー、地雷検知を務める訓練を受けました。戦争が終わり、軍は犬をアメリカに返すように努め、残りの人生を飼い主と過ごせるようにしました。

スポンサーリンク

ベトナムで命を救う

ベトナム戦争が始まった頃はアメリカ軍の警護と南ベトナム基地で勤めを果たします。戦争がエスカレートするにつれ、アメリカ兵士はベトコンで戦ったゲリラ兵と戦うためにジャーマンシェパードに頼るようになりました。ジャーマンシェパードは敵、爆弾、地雷、トンネル、武器の貯蔵を探す軍隊や武器を扱う人を保護するために訓練されました。記録によると少なくとも4千のジャーマンシェパードがベトナム戦争で活躍し、少なくとも1万のアメリカ人を死や負傷から救うために働いたと言われています。

中東での特殊作戦

更に最近では、アフガニスタンでも活躍してます。特殊急襲部隊のメンバーに縛られ2万5千フィートで航空機からジャンプすることを訓練されたました。また、小さなカメラを頭に付け、タリバンや反乱軍の隠れ家を探すためにパートナーより先に入ります。ジャーマンシェパードが敵のラインの後ろに入り込み、ライブ画像を軍隊へ送り、待ち伏せ警告します。

ジャーマンシェパード好きの人は皆、歴史を通してで秀でているジャーマンシェパードの貴重な仕事の数々や、献身的な家族のペットだという事を語るでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)