クランベリーが犬のトラブルを解決?

おすすめ!


最も人気のある秋のベリーが、あなたの犬を健康にするというのは本当でしょうか?

答えは「イエス」とも言えそうです。しかしこの感謝祭シーズンに、あなたの犬の皿にクランベリーを入れてあげる前に、このベリーの犬に対する健康上の利益と、それからいくつかの条件について、知っておいてほしいことが数点あります。

 

何世紀もの間、人間はクランベリーの果実と葉とを、泌尿器系の障害、糖尿病、胃病、肝臓病など様々な健康上の問題に対する自然由来の解決策として用いてきました。このような効能のあるベリーは、犬における病気にも役立つ場合があるようだと見られています。

犬の泌尿器系の問題とクランベリー

尿路感染症(UTI)は犬にとても多い病気で、特に不妊手術を施されたメスに多く見られます。この感染症は尿道や膀胱にバクテリアが侵入した場合に発生します。もしあなたの犬が頻繁に排尿していて、痛がっている、あるいは尿が濁っていたり血尿であったり、異臭がする、色が黒ずんでいるなどの症状があれば、原因はUTIかもしれません。UTIは繰り返し起こったり、腎臓に転移したまま治療せずにいると、深刻な問題になることがあります。

スポンサーリンク

クランベリーによって進行中のUTIが治せる、という証拠はかなり乏しい(必ず抗生物質によって治療する必要あり)ものの、全体観的医学(栄養学的方法を含む、自然療法等を取り入れた医学)を標榜する獣医師たちの中には、UTIに掛かりやすい犬に、予防策として実際にクランベリーを勧めるものもいます。クランベリーは以下のようにして効きます。

バクテリアはアルカリ性(pH値が高い)の尿の中で繁殖するのですが、クランベリーは尿の中の酸性を強くし、バクテリアが繁殖しにくい環境にするのです。どうやら、クランベリーは膀胱の内壁に付着することを防ぐ働きもあり、感染が起こる可能性を低くしてくれるようです。

クランベリー療法

もしあなたの犬が尿管の疾患に繰り返し掛かるようであり、あなたがクランベリー療法に興味を持っているのであれば、まずは掛かりつけの獣医師に相談して下さい。獣医はあなたの犬について最もよく知る人であり、クランベリー療法を用いてよいかどうかアドバイスしてくれるでしょう。

痛みを伴う尿管の感染症は抗生物質によってしか治療できないのだということを必ず頭に置いておいてください。しかし尿管の問題が繰り返し起こるのを防ぐために、クランベリーによる栄養補助を考えに入れたいとあなたは考えるかもしれません。全ての薬品や栄養補助食品について言えることですが、どのような形であれクランベリーをあなたの犬にあげる時には、事前に獣医に指示を仰ぐようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です