あなたの可愛いゴールデンレトリバーの友達の選び方

おすすめ!


ゴールデンレトリバーの飼い主の多くは、愛犬のために友達や仲間を作ってあげようと、2匹目の犬を飼うことを考えるでしょう。もし、あなたやあなたの家族が、2匹目の犬を、責任を持って世話しようと思うのであれば、これは素晴らしい考えです。2匹の犬を飼う家庭になる前に知っておくべきいくつかのことをご紹介しましょう。

信頼できるブリーダーを見つけましょう。

もう一頭のゴールデンレトリバーを飼おうと決めたなら、あなたはすでに信頼できるブリーダーと交流があるかもしれません。もしそうでなければ、他のゴールデンレトリバーの飼い主に相談してみましょう。あなたが選ぶブリーダーは、社会性を身に着けるために家で子犬から育てていること、引き取ったあともアドバイスやサポートを提供してくれること、そして、その子犬が適切な獣医医療やワクチンを受けていることなどを確認するようにしましょう。

すでに飼っている犬とは異性の犬を選びましょう。

ゴールデンレトリバーはおおらかな気質の持ち主として知られていますが、異性の相手と一番仲良くできる傾向があります。2頭のオスの場合、2頭の間で優勢性や支配力の問題に遭遇するかもしれません。こういった綱引き試合は、子犬が厄介な年代になって、優位にある犬に対して権力を主張しようとしたときによく起こります。早いうちに去勢手術をすることで、こういった問題を避けることができます。2頭のメスの場合もうまくいかないことがあります。特に、成犬になった時です。2頭のメス、両方に避妊手術をした場合でさえ、問題は起こるでしょう。

スポンサーリンク

2頭の犬を引き合わせてあげましょう。

あなたの愛犬と新しく飼う子犬を引き合わせる一番良い方法は、公園など、2頭にとって中間の場所に連れて行くことです。2頭を一緒に短い散歩に連れて行くのも、引き合わせの初めにはとても良いでしょう。もしそれでうまくいけば、2頭にお互いの匂いを嗅がせて、安全な場所であれば遊ばせましょう。こうしているうちに、どちらが優位なのかを認識し始めるでしょう。

2頭の間での順位を認識させましょう。

犬には常に群れで行動する心理があって、群れの中の順位に従って生活する習慣があります。もし、先に飼っていたほうの愛犬が、新しく飼い始めた犬に尻尾を噛まれるなどの迷惑な行動をされて唸り声をあげたら、干渉しないようにしましょう。干渉すれば、先に飼っていたほうの愛犬の権力をあなたが損なうことになります。さらに、先に飼っていたほうの愛犬に最初に餌を与え、最初に褒め、最初にあなたについて出入り口に入れてあげることも重要です。こうすることで、先に飼っているほうの犬の地位を強めてあげることになるでしょう。

先に飼っているほうの愛犬には「考える時間」を少し与えてあげましょう。

ゴールデンレトリバーの子犬には、無限のエネルギーがあって、何時間でも続けて遊ぶことができます。こういった子犬の行動は、座っていることがより多い年上のゴールデンレトリバー犬には、しばしば迷惑になることもあります。新しく仲間に入った犬や子犬から時々離して、年上のほうの愛犬には、静かな時間を与えてあげましょう。静かな時間は、年上の愛犬にとってはありがたいものです。そして、年上の愛犬に、個別に十分な注意を払ってあげるようにしましょう。そうすれば、新しい犬に取って代わられたとは感じないでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です