不思議な性格のビーグル犬と暮らそう。その癖と対策3つ。

ビーグルが社交的な動物だというのは紛れもない真実です。
彼らは家族といることを好み、グループから仲間外れにされるとふてくされたりすることもあるのです。
この犬の仲間はよくおせっかいな性格だといわれています。
ビーグルは駆け回ったり、散歩をしたり冒険をすることを好むので、それがよくトラブルにつながります。
いくつかのベーグルが起こした問題とその解決策を見てみましょう。

 

噛み癖

ビーグルは口に入れられるものなら何でも噛み砕いてしまうことで有名です。
間違っても彼らに履き古した靴下や靴を与えないでください。
犬には新しいものと古いものの区別がつかないのです。
彼らはどちらも足のにおいがするということしかわかりません。
噛み癖を満たすためのおもちゃがちゃんとあるか確認しておきましょう。

 

吠え癖

ビーグルは木から落ちてくる木の葉にも、おもちゃが見つからない時にも、子供が庭で遊んでいる時にも吠えます。
ある人はビーグルの鳴き声は「心地いい音」だと言いますが、あなたなら何と表現するでしょうか。
ビーグルたちは自分の声が大好きなのです。

もし家のビーグルがうるさいと思ったら、少しボリュームを小さくするよう教えましょう
静かな時に褒めてあげれば、静かなのはよいことだと学ぶことができます。
ビーグルが吠え始めたとき、「だめ!」と厳しく叱りましょう。
その時やめることができたらちゃんとほめてあげましょう。

スポンサーリンク

 

のぼり癖

チャールズ・シュルツ氏の描いたピーナッツをご存知ですか?スヌーピーのマンガです。
チャールズ氏は犬小屋の屋根の上に住むスヌーピーを描くことを決めました。
彼はビーグルが上るのが好きだというのをきっと知っていたのでしょう。
もしビーグルがソファーの裏や台所の上に居てもびっくりしないでください。
彼らの先天的なよじ登る技術は救助犬としても活かされています。
もし家具の上に上ってほしくないなら、ソファーの上には絶対あげないでください。

とりわけ忘れてはいけないのが、問題のある行動を阻止するのが一番大事だということです。
毎日犬の散歩やしつけをしていれば、ソファーやそのほか目に映るものの上によじ登るような余力はなくなります。

 

彼が家で一人の間に興味を持っているいくつかのことを確認してください。
おもちゃの中におやつを隠してみましょう。
そしてもしできるなら、何時間もビーグルを一人にしないようにしましょう。
ビーグルはたいていの犬よりも望んでいる交流できる遊びを、そしてそれは別れの悲しみを簡単に癒してしまうでしょう。

奇妙に思うかもしれませんが、社会的なビーグルは自分なりの考えを持っていて、いつも刺激を求めているのです。
ビーグルを理解するにはまだまだ先が長いですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です