病気や要介護の猫のおむつの選び方とおすすめ3選

おすすめ!



猫が病気や高齢になりトイレでの排泄がうまくできなくなることがありますよね。そんなときとても役に立つのが猫用のおむつです。できるだけ猫や飼い主さんの負担を軽減するためにもおむつを利用するといいですね。ここでは猫に最適なおむつの選び方とおすすめのおむつを紹介しましょう。

猫のおむつの選び方~サイズ選びが快適さのポイント~

猫のおむつを選ぶときに最も大切なのがサイズの選び方です。猫にとって一番快適なのは猫にあったサイズのおむつを使用することです。

サイズは愛猫の胴回りと足回りのサイズを確認してから選ぶ

介護用のおむつは猫も犬も同じものを使用することになります。ペット用のおむつはSSSサイズからLLサイズまであります。猫の体は小さいので主にSSSサイズからSサイズまでを使用することになります。ただメーカーによって若干のサイズの違いがあるので愛猫の胴回りと足回りのサイズを確認しておむつを選ぶようにしましょう。

長時間留守をする場合はワンサイズ大きめを選ぶ

おむつの性能がかなり良くなったとはいえ汚れたらすぐに取り換えることがおむつかぶれにならないためには最大の予防になります。

こまめにおむつを取り替えることができるのならジャストサイズで購入しましょう。ただ長時間留守にすることが多いときは、ワンサイズ大きめのおむつの方がたくさん吸収することができまた蒸れにくくなります。

飼い主さんの生活スタイルに合わせておむつのサイズを選びましょう。

おすすめの猫のおむつ

ドギーマン NEWペットの紙オムツSS 18枚入


豊富なサイズがあるので愛猫に合わせてサイズを選ぶことができます。テープは何回でも着脱可能なので胴回りの調節がしやすいでしょう。イラストでテープを貼る位置がわかりやすく表示してあります。

〔amazon〕箱売り ドギーマン NEWペットの紙オムツSS 18枚入 犬 猫用紙おむつ 1箱8袋 おもらし ペット

〔楽天市場〕箱売り ドギーマン NEWペットの紙オムツSS 18枚入 犬 猫用紙おむつ 1箱8袋 おもらし ペット 関東当日便

マナーおむつ SSSサイズ 16枚入

サイズはSSSからLLまであるので愛猫にあったサイズを選ぶことができます。動きやすさを追求したおむつです。ドライメッシュシートは肌に優しい素材で、蒸れにくいのはうれしいですね。

胴の部分はウエストギャザーで体型や動きに合わせてフィットするようになっています。もちろんテープもつけ直しが簡単です。

可愛いオレンジのチェック模様がついています。

〔amazon〕第一衛材 株式会社 マナーおむつ SSSサイズ 16枚入 4904601763257

〔楽天市場〕マナーおむつ SSSサイズ 16枚入/第一衛材 P.one//5000円以上で送料無料/ペット おむつ/猫 介護/ ペット マナー用品/

ユニチャーム ペット用紙オムツ(おむつ) SS 超小型犬・猫用 30枚入り


つけ直しが簡単なテープがついています。吸収力もアップし、おしっこ2,3回しても大丈夫です。軟便でも漏れにくいように工夫されています。もちろんウエストも伸縮性があり体にピッタリフィットしますよ。

股漏れや横漏れがないように立体漏れ防止ギャザーがついています。できるだけ動きやすいように足回りがすっきり設計されています。

サイズもSSからLLまで揃っています。水玉模様も可愛いですね。愛猫にあったサイズを選びましょう。

〔amazon〕ユニ・チャームペットケア ペット用紙オムツ SSサイズ 超小~小型犬 30枚入

〔楽天市場〕ユニチャーム ペット用紙オムツ(おむつ) SS 超小型犬・猫用 30枚入り 【トイレ用品/ユニ・チャーム オムツ・おむつ】【犬用オムツ・猫用オムツ】【介護/生理/おでかけ】【犬用品/猫用品・猫/ペット・ペットグッズ/ペット用品】

人間の新生児用おむつでも代用できます

ペット用のおむつは価格が人間用に比べると割高になります。長く使うためにもできるだけ安価に済ませたいものです。少し大きめの猫の場合には人間の新生児用おむつを使うことができます。また新生児用小さい子用がインターネットで販売されています。普通の大きさの猫にはこのサイズが使いやすいでしょう。

人間用のおむつとペット用のおむつには2つの大きな違いがあります。

しっぽを出す穴がない

人間用のおむつとペット用のおむつの大きな違いは、しっぽを入れる穴があるかないかですね。人間用のおむつに穴を開けると使えますが中の吸水ポリマーがでてしまいます。そこでカッターなどで穴を開け切り口には紙テープを貼るといいでしょう。

詳しい作り方はあいむ動物病院のホームページに詳しく説明してあります。参考にしてくださいね。

足回りのサイズがペット用の方が大きい

同じ胴のサイズでも人間用のおむつの方の足回りが小さくなっています。人間用のおむつは猫の足回りをしっかり計って購入しましょう。目安は指が足回りに2本入るくらいの余裕があるといいでしょう。

まとめ

猫が粗相をしてしまうと猫自身も飼い主さんもストレスになってしまいますよね。最近のおむつはとても吸収力がアップし、性能が良くなっているので上手に使うといいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です