猫が触られると喜ぶ部位と嫌がる部位をまとめました。

猫が触ってほしそうな顔をしながらスリスリと飼い主さんに近寄ってきたとき、猫を優しく触ってあげる飼い主さんがほとんどですよね。じつは飼い主さんと同じように猫にも触られると喜ぶ部位と嫌がる部位があります。ここでは猫が触られると喜ぶ部位と嫌がる部位について詳しくまとめてみました。

猫が触られると喜ぶ部位

猫が触られて喜ぶ部位はその多くが猫自身でなめることができない部位です。また猫によって触られると喜ぶ部位が違うといわれています。

スポンサーリンク

首・喉周り

定番ですが、やはり猫は首や喉の周りを触られるととても喜びます。ゴロゴロと喉を鳴らし、満足そうにする猫がほとんどですね。

頭・額のあたり

猫は頭や額のあたりを触られると喜びます。ただ頭や額は猫によって喜ぶ触り方があります。優しく手のひらでなでられることが好きな子、指を立てて少し強めに触ることが好きな子と猫によって様々。愛猫のお気に入りの触られ方を探してみましょう。

背中・しっぽの付け根

背中やしっぽの付け根を触られると喜ぶ猫が多いようです。しっぽの付け根は神経が集まっているので敏感なところでもあります。

とくにしっぽの付け根は優しく触れることが好きな子と軽くたたかれることが好きな子といるようですよ。

猫が触られると嫌な部位

お腹は猫にとっては急所です。猫はこの部位を触られることをとても嫌がります。そのため猫が寝ているときにお腹を触ったりすると噛みついてくることもありますよ。

手・足先

前足や後ろ足の先は神経が集中しているので触られることをとても嫌がります。肉球も触られたくないようです。

しっぽ

しっぽは少し触るくらいなら許してくれる子もいますが、多くの猫は触られることをとても嫌がります。

スポンサーリンク

猫が喜ぶ部位でも触り方に注意が必要

 

猫はとても気まぐれ。たとえ飼い主さんが猫の好きな部位を触ったとしても猫が嫌がることがあります。どうやら猫には触ってほしいときとそうでないときがあるようです。そこで猫が喜ぶ触り方を紹介しますね。

猫が触って欲しいというサインを見せたとき

猫には飼い主さんに触ってほしいときに見せるサインがあります。このサインは猫によって違いがあるので、猫の様子をしっかり観察してみましょう。

  • スリスリと近寄ってくるとき
  • ゴロゴロと喉を鳴らしているとき
  • 目の前でゴロンと仰向けになるとき
  • ひざの上に載ってくるとき

これらの仕草は猫が飼い主さんに触ってほしいというサインです。飼い主さんは優しく猫を触ってあげましょう。

猫が触ってほしくないサインを出しているときは触らない

気持ちよく飼い主さんに触られていた猫が急にしっぽをパタパタと動かすときがあります。これは猫が触ることをやめてほしいというサインです。

また猫には触られたくないときがあります。食事中、就寝中、毛づくろい中などです。猫がリラックスできるように静かに見守ってあげましょう。

上から触らない

猫を触るときはかならずしゃがんで姿勢を低くし、横から触りましょう。猫は自分より上から手を伸ばして触られることを嫌がります。

また猫の目をじっと見つめないようにしましょう。猫にとって目を見つめるという行為は敵意を持っていると感じてしまうからです。猫を触るときは猫の目を見ないようにしましょうね。

しつこく触らない

猫はしつこく触られることを嫌います。どんなに触られると気持ちのいい部位でもしつこく触られると「もう、やめてよ」というサインを出すことがあります。しっぽを急にパタパタと動かしたり、触っている手をにらんだりするときは「もう、触ってほしくない」と思っています。飼い主さんはすぐに触ることをやめてあげましょう。

まとめ

猫には触られて喜ぶ部位と嫌がる部位があることを紹介しました。ここで紹介した部位は多くの猫が喜ぶ部位と嫌がる部位です。猫はとても個体差がある動物です。飼い主さんは、愛猫が喜ぶ部位と嫌がる部位をしっかり見つけることが大切ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)