スタッフォードシャーブルテリアを飼いたい!性格や大きさは?飼い方の注意点は?

おすすめ!


スタッフォードシャーブルテリアという犬種を知っていますか?とても強面でガッシリした体格をしているこの犬種を飼いたいと考えている方のためにスタッフォードシャーブルテリアの性格・大きさを紹介しましょう。また飼い方の注意点を詳しく解説します。

スタッフォードシャーブルテリアとは?

イギリス原産のスタッフォードシャーブルテリアは、祖先犬が1700年代からイギリスで飼育されていました。「牛いじめ」といわれる見世物でより強い犬を求めてブルドッグとイングリッシュテリアやスムースフォックステリアなどのテリアを交配して作出されました。

その後動物愛護の観点から牛いじめが禁止されると隠れて行われていた闘犬で活躍していましたが、時代の流れとともに闘犬が廃れ、犬種の存続が危ぶまれました。

興奮していても飼い主さんへの服従心が強く、子どもともうまくつきあえる、ねずみ取りの作業犬としての働きなどが注目され家庭犬としての改良が進みました。

1935年にはイギリスのケネルクラブの公認犬種として登録されています。より家庭犬らしくなったスタッフォードシャーブルテリアは「スタッフィー」という愛称でイギリスでは現在も多くの愛好家がいます。

どんな性格?

元来闘犬だったと聞くと攻撃的な性格と思われがちですが家庭犬として愛されているスタッフィーはとても陽気で遊び好きな犬です。

飼い主さんや家族と一緒にはしゃぐことが大好きです。人懐っこい面も持っています。また飼い主さんにはとても従順で素直な犬です。子どもとの相性もよく、イギリスでは「子守犬」ともいわれています。ただ、あまり乱暴に扱われると怒ることがあるので注意しましょう。

自分から攻撃することはあまりありませんが「売られた喧嘩は買う」的なところがあり相手が攻撃的な行動を見せると臆せず戦いを挑むことがあります。

体重はどれくらい

体長が体高より長く、筋肉質でガッシリした体格をしています。闘犬として活躍していたなごりでとても発達したあごを持っています。

体重はオスのほうがメスより少し重たいでしょう。オス 16kgから18kg、メス 14kgから16kgくらいです。

スポンサーリンク

飼うときの注意点は?

長い散歩が必要

スタッフォードシャーブルテリアはとても俊敏で運動能力が高い犬です。そのため毎日長めの散歩が必要になります。季候の良い時期には毎日1時間ほど早足での散歩をしましょう。

暑さ寒さには弱いので夏や冬は散歩の時間に注意し、早めに切り上げるようにしましょうね。

また遊ぶことがとても好きな犬なので庭などでボール遊びやゲームなどをすると大変喜びます。ときにはドッグランなどの足場の良い場所で思いっきり遊ばせてあげるといいでしょう。

飼い主さんとのふれあいを好む

とても人懐っこい犬で人とのふれあいが必要な犬です。暖かい地域では外で飼うこともできますが、スタッフォードシャーブルテリアの性格から考えると室内で飼うことをおすすめします。また寒さに弱い犬種なのでその点からも室内で飼育する方がいいでしょう。

家族や飼い主さんにとても愛情深い犬で一緒に生活することでよりこの犬の良さが伝わってくるでしょう。

しつけ

飼い主さんにとても従順な犬ですが、ときに攻撃的になることもあります。そのためしっかりとしつけることが大切です。子犬の頃からしっかりと飼い主さんとの信頼関係を築きくことがとても大切な犬です。初心者向きとはいえないでしょう。

お手入れ

基本的に短毛で密集した被毛ですが、とくにお手入れは必要としません。ただシワの間が汚れないようにこまめに拭いてあげるといいですね。

まとめ

スタッフォードシャーブルテリアはしっかりとしつけや訓練を行えば、どんなに興奮していても飼い主さんの命令に従うことができる犬です。また愛情深いその性格は多くの人に愛されています。日本では登録頭数がまだ少ない犬種ですが、飼い主さんとの絆が深く最良のパートナーとなるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です