不安…引っ越し先で犬を環境に慣れさせる方法4つ

引っ越しで新しい環境に慣れるまでには飼い主さんもたいへんですが、犬も飼い主さんと同じで多くのストレスを感じてしまいます。ここでは引っ越し先で不安で一杯の犬を新しい環境に慣れさせる方法を4つ紹介しましょう。

引っ越しで環境が変わることは犬にとっては大きなストレス

犬にとって引っ越しをするということはわかりません。ただ飼い主さんが慌ただしく忙しそうだなあということは十分理解しています。そのため飼い主さんのイライラや慌ただしさを敏感に察知しています。

スポンサーリンク

そして引っ越しで環境が大きく変わることは犬にとってたいへん大きなストレスとなってしうことがあります。

ストレスを感じているときの症状

犬はストレスを感じると様々なサインを出します。飼い主さんは犬のサインを見逃さないようにしましょう。

  • あくびをする
  • しっぽを追いかける
  • 体をなめる
  • 下痢をする

引っ越し先で犬を環境に慣れさせる方法4つ

1.引っ越し前に使っていたものをそのまま使うこと

新しい家に引っ越しすると飼い主さんとしてはトイレトレーやペット用ベッドを新しいものにしてあげたいですよね。でもそれは犬が新しい家になれてからにしてあげましょう。

犬を新しい環境に慣れさせるためには犬が以前使っていたものをそのまま使うことがとても効果的です。今まで使っていたトイレトレーやペット用ベッドには自分の臭いが染みついています。犬は自分の臭いを確認することで安心感を得ることができます。犬を精神的に落ち着かせるためにも今まで使っていたものはそのまま使うようにしましょう。

できればトイレを置くところやペット用ベッドを置くところは今までと同じような場所にするといいですね。

2.犬とのコミュニケーションをしっかりととること

犬は信頼する飼い主さんと一緒なら環境の変化に順応しやすいといわれています。それほど犬にとっては人間とのコミュニケーションが大切なのです。

スポンサーリンク

引っ越したばかりは荷ほどきなどで飼い主さんもとても忙しいですよね。その様子を犬はしっかり見ています。飼い主さんが慌ただしくしイライラしていると犬は敏感にそれを察知します。

飼い主さんはとても忙しいでしょうが犬とのコミュニケーションをしっかりとるようにしましょう。犬と一緒に過ごす時間を意識的に作るようにしましょう。新しいところで犬はとても不安なのです。犬に優しく接し「私が一緒にいるから大丈夫だよ」と犬を安心させてあげるといいですね。

3.引っ越し前の生活リズムは変えないようにする

引っ越ししたあとも犬の散歩の時間や食事の時間は変えないようにしましょう。犬は習慣性の動物なので生活リズムの乱れはストレスにつながります。引っ越しのあとは飼い主さんも忙しいですができるだけ生活リズムが乱れないように気をつけてあげましょうね。

4.犬を興奮させないようにする

犬は興奮しすぎると疲れてしまい体調を崩してしまうことがあります。できるだけ犬を興奮させないように気をつけましょう。

飼い主さんも新居での生活にワクワクし興奮してしまいがちです。また子どももとても興奮しやすくなります。飼い主さんの様子をいつも見ている犬は飼い主さんが興奮しているのを見ると一緒に興奮してしまうことがあります。

犬の前ではいつもと同じように行動することを意識することで犬が興奮することを抑制することができます。

引っ越し先で通院できる動物病院を事前に探しておこう

引っ越し先で犬が下痢などを起こし、動物病院へ行くようになるかもしれません。できれば事前に引っ越し先の近くにある動物病院を数件探しておきましょう。

動物病院を選ぶときは近くの人の口コミがとても参考になります。散歩などで知り合う方に聞いてみるといいですね。

まとめ

犬にとって引っ越しで環境が変わることは大きなストレスになります。ただ飼い主さんの暖かい愛情があればたとえ環境が変わったとしても犬がストレスを感じることは少ないといえます。引っ越ししたあとは犬とのコミュニケーションを大切するといいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)