犬を車の助手席に乗せるときは足元?シートベルトは?おすすめ便利グッズは?

動物病院へ行くときやドライブするときにあなたは愛犬をどのようにして車に乗せていますか?飼い主さんに聞いたところ多くの方が助手席に乗せているとのことです。ここでは安全に犬を車の助手席に乗せるための方法とおすすめの便利グッズを紹介しましょう。

犬を車に乗せることは交通違反にならないの?

日本の道路交通法では犬を車に乗せることは違法とは定めていません。ただ、犬を車に乗せるときの方法によっては法律違反とみなされることがあります。飼い主さんとしては、どのような方法で犬を車に乗せるといいのかを知っておく必要がありますよね。基本的な考え方としては運転の妨げになるような乗せ方は道路交通法違反になるということです。

犬を車に乗せるとき違法になる乗せ方

  • 犬を車内で自由に動き回れる状態にする
  • ひざの上に乗せて運転する
  • 抱っこしたままで運転する
  • 犬が窓から顔を出せるような状態で運転する

いかかがですか。心当たりのある飼い主さんもいるかもしれませんね。

犬を助手席に乗せるときはどうする?

道路交通法を考えるのなら犬が自由に動ける状態で助手席に乗せることはできません。犬は大きなクラクションの音などに驚いて突発的に予想もしない行動をとることがあります。また事故などのときにフロントガラスを割って車外に飛び出すかもしれませんよ。助手席に乗せるときは犬が動かないようにすることが大切です。

そこで犬や飼い主さんの安全を考えるうえで適切な乗せ方を紹介します。

  • 犬が落ち着いている状態にする
  • 運転の邪魔にならないようにすること

このふたつのポイントを考えて犬を助手席に乗せるようにしましょう。犬はフリーの状態で足元に乗せない、シートベルトをするときは犬がしっかり固定できるように専用のものを使うようにしましょう。小型犬などの場合はドライブボックスなどを使用するといいですね。

おすすめ便利グッズ

犬を助手席に乗せるときに便利なおすすめグッズを紹介します。ぜひ購入の際の参考にしてくださいね。

パピア ドッグ シートベルト リード LEONARD SELTBELT LEAD  PUPPIA

 

車専用のシートベルトリードです。ショートリードなので犬が車のドアを開けたとたんに飛び出したり、急ブレーキのときにフロントガラスにぶつかったりすることを防いでくれます。

今持っているハーネスのフックにリードのフックを取り付け、もう片方をシートベルトの差し込みに入れるだけで装着完了です。とても簡単に取り付けることができるので便利です。またリードなので車に常備しておくことも可能ですね。

ペット ドライブ用品 セーフティハーネス 中型犬用 アイリスオーヤマ

 

車のシートベルトに取り付けることができるハーネスです。サイズも大型犬用まであるのでケージやクレートで移動しなくても大丈夫です。

犬にハーネスを装着し、ハーネスの背中の部分のベルトにシートベルトを通し固定するだけです。固定するときは犬が座りやすいように調節してあげましょう。

ペット用 ドライブボックス

 

ペットが落ち着いて過ごすことができるように工夫されたドライブボックスです。ボックスの中には犬を固定するために飛び出し防止リードがついています。またボックスの付属のベルトとシートベルトを使って簡単にシートに固定できます。ボックスのなかはペットシーツを固定できるようになっているのでとても便利ですよ。

ドライブボックスから顔を出すこともできます。またメッシュのふたがついているので安心ですね。簡単に折りたたむことができるので車に常備しておくことができます。

まとめ

犬は飼い主さんと一緒に車に乗るとき、助手席に座りたがりますよね。また目の届く範囲に犬が座っていると飼い主さんも安心です。ただ犬を助手席に乗せるときは、犬や飼い主さんの安全のためにも必ず犬が落ち着くことができ、自由に動き回ることができないようにしましょうね。

(Visited 119 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)