犬がカーペットにお尻をこすりつける原因と対処法

おすすめ!


犬がカーペットの上に自分のお尻をこすりつける(あるいは引きずる)のは奇妙に、あるいは滑稽にすら見えるものです。

さらに来客中であれば、飼い主としては恥ずかしい思いをすることにも成るでしょう。もしこの行動を一度でも見たことがあれば、どういうわけで犬はこんなことをするのかと不思議に思ったのではないでしょうか。実はほとんど全ての場合、その犬はお尻の周辺の不快感からのがれようとしているのです。

その不快感にはいくつかの理由が考えられます。

肛門腺が塞がっている、腫れている、詰まっている場合。

犬の肛門腺は直腸の両隣にあります。特に何の問題もなければ、排便した時に肛門腺の中も全て外に出されます。こうすることによって彼らは自分のテリトリーに印を付けるわけです。ところが、感染症やその他の健康上の問題によって腺が詰まってしまうと、その犬は肛門腺の中身を出す(空にする)ことができなくなる恐れがあります。結果として、その犬はお尻の辺りに嫌な感じを持つことになり、その不快感をなくしたくて彼は、カーペットなどのざらざらした表面にお尻をこすりつけたりするのです。

サナダムシに寄生されている場合。

サナダムシに寄生されると、腸からその一部が出てきたような時に、犬はお尻の辺りに不快感や痒みを覚えることがあります。

皮膚アレルギーによる場合。

犬がアレルギーを発症した時には、体中の皮膚に痒みが出るので、直腸周辺やしっぽに隠れた部分なども痒くなります。

スポンサーリンク

肛門周辺に付着した排泄物による場合。

肛門の辺りに感じる不快感の原因には、上記の他に実に単純なものがあります。排泄物の一部がかたまって、お尻に付着しているというものです。この場合、あなたの犬はお尻をこすりつけることで不快感から逃れられるかもしれません。―ただしカーペットは汚れるでしょう。

「こすりつけ」の原因の治療法

多くの場合、あなたの犬の肛門腺は腸の運動と共に空になり(中身を放出し)ます。ですが、腺が詰まったり腫れたりした時には専門医の手が必要になるでしょう。もし飼い犬がしょっちゅうお尻を何かにこすりつけているとして、あなたが定期的に彼を手入れに連れて行っているのであれば、その度に担当者が詰まった腺をきれいにしてくれるはずです。

しかしどうもあなたの犬がこの状況に陥りやすいようだと気づいたならば、獣医のもとで検査してもらうのが一番です。治療せずに放っておくと、詰まってしまった肛門腺は断裂することもありますから。そんなことが起こる前に、あなたの犬に適切な医療上のケアを受けさせるようにしましょう。

サナダムシと皮膚アレルギーは獣医師による治療が必要です。ですから飼い犬の「こすりつけ」行動に気づいたら、彼を検査に連れて行き、その問題の原因を特定し、それにふさわしい治療がなされるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です