小型犬とスムーズな旅行にするための7つの秘訣

airport-1209575_640

ペットトラベルウェブサイトの最近の調査によると、78%の飼い主がペット可のホテルを予約したそうです。このようなトレンドにサービス業界は注目を集め、今日ではより多くの旅行地が犬を歓迎しています。
犬を連れて出かける前に、どんな旅行でも犬を安全で機嫌よくさせておく賢い方法をご覧ください。

よりスムーズな旅行にするための7つの秘訣

犬に名札をつけてください

もし犬が不慣れな場所で迷子になったら大変です。首輪が確実にしてあり、住所と電話番号が名札にはっきりと書かれていることを確認してください。また強力テープで名札に携帯電話の番号もつけておいてください。犬の今の写真を持ち歩くことも良い方法です。また獣医に犬の皮膚下にIDマイクロチップを挿入してもらうことも強くお勧めします。

飼い犬の書類を持参してください

最新の注射の証拠となる健康証明書の発行を獣医にお願いしてください。宿泊施設で必要になる場合もありますし全ての乗車場所では求められます。また獣医は、もし犬が車酔いした場合や飛行機や船で緊張した場合、軽い鎮静剤を処方することもできます。

出かける前に長い散歩をしてください

運動をしたばかりの犬は、旅行中よりリラックスした状態になり眠りやすくなります。

スポンサーリンク

離陸の前にはえさを制限してください

飛行機搭乗前、最低6時間は犬にえさを与えないでください。8時間や24時間を推奨する人もいます。特に10ポンド以下の小型犬の場合は長時間えさを与えないと低血糖になるおそれがあるので獣医にあなたの犬の推奨の断食時間を聞いてください。しかし、水はいつでも飲めるようにしておいてください。

客室内に一緒に連れて行ってください

犬を連れて行くときには客室に持ち込む、持ち込まないにかかわらず予約が必要であり、全ての航空会社が犬の持ち込みを受け入れてはいないことをご承知おきください。予約ガイドラインと費用は航空会社によって変わるので詳細を確認してください。犬と一緒に飛行機に乗る際の一般的なケージ要件があります:吸収用の広いベッドと犬が快適に立って回転できるだけの十分な広さがあることです。

犬が安心するものを持って行ってください

もし可能であれば、犬のベッド、ボウル、いつものえさ、お気に入りのおもちゃを持って行ってください。

休憩を取ってください

長時間のドライブでは、犬がトイレ休憩、給水、運動、新しい環境に慣れるため日中の間2時間か3時間おきに休憩を取ってください。休憩をこまめに取ることは夜でもおすすめです。最後に、旅行を計画する前にあなたの犬をトップ犬のように扱ってくれるホテル、キャンプ場、レストラン、国内のテーマパークの総合的なリストをインターネットでチェックしてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)