飼い主と離れる犬の不安への対処法

あなたは家に帰った時、しつけのできている犬が家具を壊したりカーペットへお漏らししたことを発見したり、吠えて隣人を困らせたりとあなたが不在の間、別離の不安で苦しんでいるかもしれません。

別離の不安はたいてい診断が難しく、問題解決が複雑であったりします。

もし愛犬に著しい行動の変化があったら、どのような薬も使わないように獣医に相談するのがベストです。犬の行動学者を雇ってあなたの愛犬を扱うちょうどよいプランを考えてもらってください。時間をかけて辛抱することで愛犬は新たな信頼感を持ちます。そしてあなたも愛犬を不安にさせずに家を離れられるという自信がつきます。

犬は世界中で最も社会的な生き物の1つです。

あなたと遊んでいるときも、ただソファーの上であなたの隣で丸くなっているだけのときも、ただ飼い主と一緒にいることが大好きなのです。だから長い間あなたが家を仕事などで家を離れるときがくると、愛犬は寂しくなったり不安になったりします。

○犬が別離の不安をかかえるのにはたくさんの理由があります。

捨てられることへの恐怖。

特に拾われた野良犬や動物保護施設から貰われた犬によくあります。

愛犬の日課の変化。

おそらくあなたは無職またはパートから、より長い時間家をあけるフルタイムの仕事に変わったのでしょう。

新しい家への引っ越し。

引っ越しなどの愛犬の環境の大きな変化は、時には別離の不安の症状を引き起こすこともあります。

○症状

別離の不安を抱える犬と孤独の苦悩を抱える犬と単にしつけが悪い犬の間では1つの主な違いがあります。別離の不安を抱える犬は飼い主と離れるときにだけ行動化します。孤独の苦悩を抱えた犬はデイケアやペットシッターにより和らげることができます。

別離の不安からくる症状はとてもささいなことです。あなたが家を出ようとしていることに気づくとすぐに鳴きはじめます。あなたが家を去ったあとは吠えはじめます。あなたは自分では聞こえないと思いますが隣人からあとで聞くことになるかもしれません。

あなたが家に帰ると、愛犬があなたのお気に入りの靴を噛んでいたり、床を汚していたり、ドアや網戸を傷つけたり、家具を壊したりしているのを見つけるかもしれません。

スポンサーリンク

また愛犬が依存的になっているのに気づくかもしれません、家の中をついて回りあなたを決して見失わないようにします。極端な例だと、自分のしっぽや手を強く噛むなどの自傷行為をします。

○パターンを破りましょう。

別離の不安は単なるしつけの悪さと同じではないので、同じように対処することができません。犬に叱ることは解決策ではありません。あなたの不在と帰宅を罰と結びつけてしまうことで更なる不安を与えてしまいます。

○別離の不安から愛犬を助ける数少ない方法をお教えします。

・「おすわり」と「待て」の命令をおさらいしましょう。

まず、ある場所から別な場所に移動する際に「おすわり」「待て」の命令を練習します。もし命令に従ったらおやつのご褒美を与えます。もし従わなかったら、時間を短くし、距離を短くしもう一度やってみます。犬が命令に従うようになったら少しずつ時間と距離を伸ばしていきます。

・習慣を変えましょう。

家を出るまでの日課はありますか?おそらく鍵を鳴らし、かばんもしくはドア近くのブリーフケースの中にしまい、配偶者と子どもたちにキスをするでしょう。あなたの愛犬はこの動作をあなたの出発に結び付けます。違う順番でいつもの行動をすることでいつもの日課を変えましょう。

・出かける練習をしましょう。

先ほどの愛犬への「おすわり」「待て」の命令を使って、今回はドアからの出入りで同じ動作を繰り返しましょう。最初は何分か離れ、だんだんと時間を長くしていきましょう。はじめのうちは時間をかけないといけないかもしれません。愛犬が不安になり始めたらすぐに戻ってください。この練習を、愛犬があなたはいつでも戻ってくるのだと信じ始めるまで繰り返しましょう。

・散歩をしましょう。

出かける前に長い散歩をすることで、あなたの愛犬はあなたの出発が楽しみになる理由になります。また愛犬を疲労させることであなたが出かけた後に吠えたり家の中を壊したりするのを防ぎます。

別離の不安に苦しんでいるペットを救うにはプロに相談することが一番早く安全な方法かもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です