犬の発作に関する知っておくべき事実

おすすめ!


愛犬が発作を起こしているのを見るのはぞっとするものです。発作を起こしている犬は倒れる、歯ぎしりをする、よだれを出すか、垂らす、クンクン鳴く、足で犬かきのような格好をするというような行動がよくみられ、膀胱や腸のコントロールを失ってしまうことすらあります。目は開いて、反応しなくなります。愛犬の飼い主として、あなたは完全に自分が無力であると感じながらそこに立っているでしょう。

あなたがこのような恐ろしい事態を一度も目撃しないでよいことを望んでいますが、何が発作を起こすのか、ペットが発作を起こしている間、あなたは何をすべきなのか、また、あなたのかかりつけの獣医はどうやって助けてくれるのかについて理解しているほうが、きっと役に立つでしょう。

何が発作を起こしているのでしょうか?

てんかんは発作の原因のひとつです。そして、てんかんはある特定の犬種において遺伝性があります。ビーグル、シェパード、ボクサー、コッカースパニエル、プードル、セイントバーナード、そして、スプリンガースパニエルなどがそうです。てんかんは脳内の電気ショートによる再発性発作であると言われています。原因は不明です。

犬のてんかんのための特定の検査はありません。発作の他の原因から除外されることによりてんかんと診断されます。一般的に、血液検査、レントゲン検査では異常はありません。たまに、脊椎穿刺とMRI検査が行われますが、これらもまた異常なしとなるでしょう。

スポンサーリンク

他には肝臓や腎臓の病気、腫瘍、中毒、低血糖が発作の原因となります。

あなたのペットが発作を起こしている間、何をすべきなのでしょうか?

まず、冷静を保ち、愛犬を安心させるような静かな声で愛犬の苦しみを緩和させようと試みてください。あなたのペット自身がそれでケガをしてしまうような家具やその他のものは移動させておいてください。そして、可能なら、柔らかいものを愛犬の頭の下に入れてあげましょう。但し、愛犬に噛まれてしまうリスクを負わないよう、あなたの手や顔を愛犬の頭から必ず離しておいてください。照明は落として、部屋をできるだけ静かにしてください。

直ちに獣医に連絡をとりましょう

愛犬が発作を起こしたのではないかと疑われる場合は、愛犬を獣医のもとへ連れて行くことがとても重要です。獣医は愛犬の最後の予防接種、食事の変化、発作を起こしたタイミング、毒素を摂取したかどうかについて知りたがります。これらの情報は、血液検査、尿検査やその他の検査結果とともに、発作の原因を決定するのに役に立ちます。

検査の結果は発作の明確な理由を示さないかもしれません。この場合、獣医はもう一度発作が起こるまで待つか、あるいは、投薬を勧めるでしょう。そして、専門医を紹介されます。もし、診断名がてんかんであれば、適切な医療とそのフォローアップさえ行われれば、普通の生活を送るすばらしいチャンスがありますよ。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です