「ミックス犬」「ハイブリッド犬」「ビレッジドッグ」:混血犬のいろいろな呼び方

混血犬がどんな犬種の子孫なのか分析しようとすると、皆あっさり混乱してしまいます。人々は大型の混血犬を見て、よくある名前当てゲームを始めます。「この子はラブラドール・ハスキーのミックスだよ。それか、セントバーナード・ジャーマンシェパードのミックスじゃないかな?いや、もしかすると、、、、」

混血犬について知れば知るほど、色々な掛け合わせが思い浮かぶようになります。でもあなたがタイムマシンを発明して過去に戻り、曾曾曾曾曾おじいさんの代を調べない限り、本当の掛け合わせはわからないものなのかもしれません。

たとえ“ミックス犬”と分類された子でも精密検査次第です。つまり、あなたの愛する大きな素晴らしい犬は結局のところ”ハイブリッド犬”か、”ミックス犬”か、”ビレッジドッグ”の可能性があるのです。 このような分類名の微妙な(あるいはそんなに微妙ではない)違いは何なのでしょうか?

ビレッジドッグ:この名称は田舎や昔の村をうろついていた初期の混血犬にしばしば使われていました。そして最終的にこれらの犬から選抜された犬種が、ケンネルクラブにより純血種として分類されている犬たちの元になっています。このような純血種の犬を生み出すことが19世紀に流行しました。

スポンサーリンク

ハイブリッド犬:異なる2種類の純血種を交配すると、その第一世代の子は”ハイブリッド”と呼ばれます。これらハイブリッド犬は健康や高い知性といった、非常に望ましい特徴を兼ね備えているかもしれません。しかし、ハイブリッド同士を掛け合わせると、予測できないような気質、健康問題を持った世代が生まれる可能性があります。

ミックス犬、非純血種:これらの名称は、両親、祖父母、曾祖父母(など)がとてもランダムな遺伝子ミックスを持っている場合、その子孫犬に当てはまります。

beagle chihuahua | Tumblr

さて、あなたの愛する大きくて美しい混血犬は、本当にラブ・ハスキーですか?それともセントバーナード・シェパード?もし確信が持てないのなら、この先もずっとわからないかもしれません。でも推測するのも楽しいですよね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)