ボストン・テリアを飼いたい!性格や寿命は?値段や飼い方の注意点など

「アメリカのタキシードを着た紳士」といわれるほどスマートで素敵な犬種であるボストン・テリア。このボストン・テリアを飼ってみたいと考えている方のために性格や寿命、値段と飼い方の注意点について詳しく解説します。

ボストン・テリアとは?

犬種名からもわかるようにアメリカ原産の犬です。ボストン市近郊で1870年代にイングリッシュ・テリアとブルドッグを交配して作出されたジャッジというオス犬が祖先犬です。当初は、闘犬として作出されていました。そのためブル・テリアの血も混じっていたようです。

スポンサーリンク

犬種としては比較的新しく、祖先がすぐにわかるほどです。ただジャッジが作出されてすぐ、闘犬が禁止されボストン・テリアは愛玩犬としての道を歩むことになります。その後小型化が進み現在のボストン・テリアとなりました。性格も小型化とともに闘犬の性格が薄れ、穏やかな性格へとなっています。

ボストン・テリアの性格

家族への愛情が深い

家族が大好きでとても愛情深い犬です。また甘えん坊でさみしがり屋の一面もあります。長時間のお留守番の後、飼い主さんはしっかり遊んであげることが大切ですね。

温厚で我慢強い

とても温厚な性格で、我慢強い面もあります。子どもとも仲良くできますが、嫉妬深いところがあるのでときに攻撃的になることがあります。

また興奮するとコントロールできないこともあるのでしっかり制御するためにも飼い主さんとの信頼関係が必要です。しっかりしたしつけが大切ですね。

飼い主さんの心を察知

飼い主さんの気持ちを察知することができるとても繊細で頭がよい犬種です。

ボストン・テリアの寿命

ボストン・テリアの平均寿命は13歳から15歳といわれています。一般的な小型犬の平均寿命と同じですね。ボストン・テリアは遺伝的な疾患が少ない健康な犬種といわれています。

ボストン・テリアは短頭種なので暑さにとても弱いので熱中症に注意しましょう。また呼吸器系の病気に注意が必要です。目が大きいのでケガやドライアイなどの目の病気にも気をつけてあげるといいですね。

スポンサーリンク

ボストン・テリアの値段は?

ボストン・テリアの値段は30万円から40万円くらいでしょう。世界的にも人気のある犬種で、血統の良い子犬はもう少し高くなるかもしれませんね。

ボストン・テリアの飼い方の注意点

散歩は30分から1時間程度

ボストン・テリアは活発で活動的な犬です。若い間はドッグスポーツなどを楽しむこともできます。ただ短頭種なので激しい運動は避けた方がいいですね

散歩は一日30分から1時間くらいで十分です。夏の暑い時期は熱中症に注意し、散歩は涼しい時間か室内で遊んであげるだけでも大丈夫です。

体重管理をしっかりと行う

ボストン・テリアは太りやすい体質です。体重が増え過ぎないように体重管理には注意が必要です。脂質の多いフードは避けた方がいいでしょう。

けじめのあるしつけが大切

ボストン・テリアはとても優しい犬として知られています。その反面飼い主さんだけというワンオーナーのテリア気質を持ち合わせています。

ボストン・テリアは甘やかしすぎや過保護、愛情不足など飼い主さんとの関係によっては依存しすぎや嫉妬から問題行動が多くなる傾向にあります。

子犬のころから社会性を身につけさせることが大切です。また褒められることで飼い主さんとの信頼関係を築いていく犬なのでボストン・テリアが失敗しない環境を作ってあげることも重要です。ボストン・テリアのしつけの基本は「褒めること」なのです。

飼い主さんとの信頼関係を築き、けじめのあるしつけを心がけましょう。

お手入れはブラッシング程度

ボストン・テリアは短毛種なので獣毛ブラシなどで軽くブラッシングしてあげましょう。ただ換毛期には抜け毛が激しいので丁寧なブラッシングが必要です。

定期的に濡れタオルなどで体を拭いてあげましょう。シャンプーは月に1度くらいでいいですね。夏場は皮膚の状態を見ながら少しこまめにシャンプーしてあげるといいでしょう。

まとめ

ボストン・テリアはタキシードを着た紳士といわれるほど飼いやすい犬として知られています。ボストン・テリアを飼うときは、性格をよく理解したうえで上手に飼い主さんとの信頼関係を築いていくことが大切ですね。そうすることでボストン・テリアはあなたの素敵なパートナーとなることでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)