猫と一緒に寝ても大丈夫?猫が一緒に寝ようとするときの気持ちは?

おすすめ!


neko-neru

自由気ままな猫。でも人が布団に入って寝ているとちゃっかり布団に入ってきて一緒に寝ていることがありますよね。犬は、一緒に寝てはダメだとよく聞きますが、猫は一緒に寝ても大丈夫なのでしょうか?そして一緒に寝ようとする猫の気持ちってどんな気持ちなのでしょう?

猫が一緒に寝たがる時ってどんな気持ちなのかな?

いつも自由気ままに過ごしている猫が寝るときは飼い主と一緒の布団に入って寝ることがよくありますよね。

これは猫が飼い主を信頼している証拠なのです。

そして「飼い主さん、大好きだよ」という猫の気持ちの表れでもあるのです。

動物にとって寝るということは、無防備になってしまうことですよね。安心できるところでないと猫は寝たくありませんから。

猫と一緒に寝ても病気にならない?

犬の場合と一緒でズーノーシス(人畜共通感染症))になる可能性があります。

代表的な病気は、「トキソプラズマ症」と「猫ひっかき病」です。

スポンサーリンク

1. トキソプラズマ症

人が猫の糞・尿を触ったりすることで感染します。すべての猫が感染しているわけではありませんが、健康な猫とほとんど見分けがつかないのが特徴です。

人がトキソプラズマに感染すると、脳に影響が出ることが知られています。特に妊婦から胎児へ移行することが知られており、胎児の脳などに障害が起こる可能性があります。

猫を飼ったことがある女性が妊娠した場合、トキソプラズマに感染していないかを検査したほうがいいでしょう。また、飼い猫も事前にトキソプラズマを持っていないかを動物病院で検査することができます。

2.猫ひっかき病

猫の持つバルトネラという細菌によって人間に引き起こされる病気です。特にノミがいる猫に引っかかれたときに傷口をよく消毒しないとみられる感染症です。

この感染症の症状は、猫に引っかかれて2週間後ぐらいたってからリンパ腺がはれたり頭痛や発熱が見られます。

定期的にノミの駆除を行うとかなり予防できます。また猫に引っかかれたときは、すぐに消毒しましょう。

また、猫と一緒に寝るということは、猫との接触が多くなりますね。そのため猫アレルギーを起こす可能性が大変高くなります。

まとめ

トキソプラズマ症や猫ひっかき病は適切な処置をすれば、予防することは可能です。しかし、動物にはこのほかにも多くの病気が潜んでいる可能性があります。このリスクを考えると猫と一緒に寝ることは、あまりお勧めできませんが、飼い主の判断に任せるよりほかありませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です