犬や猫のフンの正しい処理方法とおすすめ処理機3選

犬や猫を飼っていると困ることがフンの処理方法ですね。ほかの飼い主さんは犬や猫のフンの処理をどうしているのかとても気になりますよね。また正しい犬や猫のフンの処理方法はあるのでしょうか?ここでは正しい犬や猫のフンの処理方法とおすすめの処理機3選を紹介しましょう。

自治体によって違う処理方法

犬や猫を飼育していると飼い主さんが困るのがフンの処理ですよね。犬や猫のフンの処理方法には生ごみとして自治体が回収してもらう、トイレに流すなど様々な方法があります。

でも飼い主さんとしては犬や猫のフンの正しい処理方法はどれなのか迷ってしまいますよね。じつは犬や猫のフンの処理方法は各自治体によって対応が違うのです。

生ごみや燃えるゴミとして収集してくれる自治体、ごみとして一切収集しないのでトイレに流すことを推奨している自治体など様々です。

まずは飼い主さん自身が住んでいる自治体は犬や猫のフンの処理方法をどのようにしているかを確認する必要があるでしょう。そのうえで自治体の指示に従って犬や猫のフンの処理をしましょう

ただ犬のフンは水洗トイレに流したときに人間のものとは違い排水管に詰まりやすいので注意が必要です。とくに大型犬のフンは大きいので気をつける必要があります。

ほかの処理方法はある?

自治体に回収してもらう、トイレに流す以外に犬や猫のフンを処理する方法はあるのでしょうか?

ひとつは土に埋めるという方法です。自宅の土に埋める以外はほかの方の迷惑になる可能性があるのであまりおすすめはできませんね。また犬や猫のフンを土に埋めてもそれが分解されるまでにかなりの時間がかかるということもおすすめできない理由のひとつです。

最近、とくに注目されているのが生ごみ処理機での処理方法です。この方法ですと、自治体にゴミとして収集してもらう必要がないですよね。またほかの生ごみも一緒に処理することができるので家庭ごみが少なくなるというメリットがあります。

おすすめの処理機選

後藤:生ごみ処理機 ル・カエル グリーン 基本セット

 

この生ごみ処理機は酵素などを含んだ好気性の微生物群専用のエコパワーチップを入れた処理機に付属のスコップで生ごみと犬や猫のフンを一緒に埋めるだけです。エコパワーチップは3~4か月に1回、2分の1の分量を交換するだけです。電気を使わないので電気代は必要ありません。

通常、約3日で80%が分解されます。また臭いは1,2日で少なくなるでしょう。またコンパクトなので室内でも使用することができますよ。

処理能力が1日400gです。もう少し大きめのものが必要な方は処理能力が700gの【代引不可】後藤:生ごみ処理機 自然にカエルS 基本セット 870315があります。

バイオ式 ゴミ処理機コンポスト バイオクリーン BS-02型

 

東北大学との共同研究によって生まれたアシドロ(R)コンポスト分解方式を採用したコンポストです。なかに入れた生ごみの85%以上を24時間以内に水や炭酸ガスに分解することができます。1日の最大処理能力は2㎏なのでとても助かりますよね。

飼い主さんはなかに生ごみや犬や猫のフンを投入するだけです。投入後はなかの撹拌・温度・湿度調節は自動で行われるのでとても簡単ですね。また処理が済んだら節電モードになるので電気代も助かります。屋外専用です。

さらに生ごみ処理機にはそれぞれの自治体から助成金が支給されることがあります。購入するときはお住いの自治体の助成金について確認しましょうね。

パナソニック 家庭用生ごみ処理機 「生ごみリサイクラー」 MS‐N53(S)(シルバー)

 

屋内外どちらでも使用できます。キッチンの近くに置くとゴミ箱感覚で使用することができます。1日の生ごみを夜間に処理することができます。犬や猫のフンを処理することもできるので大変便利です。処理中に発生する臭いはプラチナパラジウム触媒で化学的に強力脱臭してくれます。生ごみ処理機購入の助成対象になっている場合があるので購入の際にはお住いの自治体に確認してみましょう。

まとめ

犬や猫のフンの処理はそれぞれの自治体によって処理方法が違うので必ず確認するようにしましょう。また犬や猫のフンを生ごみ処理機で処理することができると便利ですよね。処理後はたい肥としても使え、ごみの量も減少しますよ。生ごみ処理機は自治体によって助成金が支給されるので購入しやすくなっています。犬や猫のフンの処理に生ごみ処理機の購入を検討してみることもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)