リチャードソンジリスをペットとして飼いたい!性格や寿命は?値段や飼い方の注意点など。

リチャードソンジリスは見た目がプレーリードッグに似ているためペットとしてとても注目されているジリスです。日本でもSNSなどでの可愛い姿で多くの人を魅了しています。このリチャードソンジリスを飼ってみたいと思っている方のために性格や寿命、値段や飼い方の注意点などを解説します。

リチャードソンジリスとは?

リチャードソンジリスはゲッ歯目 リス亜目 リス科 ジリス属のジリスです。生息地はカナダ南部からアメリカ北部の草原です。樹上生活のシマリスなどのように木に上ることはなく、穴を掘ってその中に住んでいます。

リチャードソンジリスは最近日本でペットとして飼育されるようになっています。プレーリードッグが輸入禁止になった後、その容姿がプレーリードッグに似ていることで人気が高くなっています。ただ性格や生態はプレーリードッグとは異なっています。

スポンサーリンク

昼行性なので飼い主さんと同じ生活リズムなので飼育しやすいです。

リチャードソンジリスの性格

元気いっぱいで愛嬌がある

とても活発に動き回ります。その姿はとても愛嬌があり可愛いですよね。じっと見ているだけでもキュートな姿に魅了されてしまいます。

人には懐きにくい

プレーリードッグに比べて野性味があるので人には懐きにくいといわれています。ただ子どものころから授乳したりしながら育てた個体は比較的懐きやすいでしょう。

慣れたリチャードソンジリスは名前を呼ぶと飼い主さんのもとへやってくるようになりますよ。またハーネスを付けてお散歩もできるようです。

ただ個体差がとてもある動物なのでなつかない個体は全く人に懐くことはありません。

臆病な面がある

プレーリードッグよりは少し臆病な面があります。脅かさないようにしましょうね。

リチャードソンジリスの寿命

リチャードソンジリスの平均寿命は飼育下では5年から7年です。なかには10年生きることもあるようです。

日本ではまだ知られていない希少動物なので病気になったときに診察してくれる獣医師が少ないようです。リチャードソンジリスを飼うときは、病気のときに診察してくれる獣医師を探しておくことが大切ですね。

リチャードソンジリスの値段

リチャードソンジリスの価格は個体や販売業者によって差がありますが、10000円から40000円くらいでしょう。

スポンサーリンク

ただ日本ではまだ個体数が少ないためペットショップなどでは繁殖期が終わる6月くらいに販売されていることが多いようです。リチャードソンジリスが欲しい場合は、ペットショップなど予約した方がいいでしょう。

リチャードソンジリスの飼い方の注意点など

ケージは少し大きめのものを選ぶ

リチャードソンジリスはとてもよく動き回ります。また昼行性なので動き回るリチャードソンジリスを見ることもできますよね。

そのため大きめのケージを用意してあげましょう。十分な広さが確保できないと運動不足になってしまい、ストレスを感じてしまう可能性があります。

太りやすいので餌に注意

リチャードソンジリスはとても太りやすいので餌には注意しましょう。とくにリスが好きなヒマワリの種は脂肪分がとても多いので与えすぎないようにしましょうね。

餌はプレーリードッグ用やラビット用のペレットを食べるので好みに合わせて与えましょう。またペレットだけではなく果物や野菜なども混ぜてあげるといいですね。

冬眠させないことが大切

野生下では冬眠するリチャードソンジリスですが、飼育下では冬眠させないようにしましょう。リチャードソンジリスは15℃以下になると冬眠をしてしまいます。そのため室温は15℃から25℃くらいに保つようにしましょう。

日本の冬では、リチャードソンジリスの飼育ケースに保温のためにヒーターなどを設置してあげるといいですね。

繁殖期には注意

繁殖期には少し気が荒くなることがあります。そのため飼い主さんになれている個体であっても噛みついたり、引っかいたりすることがあるので繁殖期には静かに見守ってあげるといいですね。

まとめ

リチャードソンジリスは日本ではまだ希少動物です。そのため飼育方法や生態がよくわかってないという現状があります。リチャードソンジリスを飼育するときは、ストレスを与えないように気をつけることが大切ですね。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)