愛玩動物飼養管理士になりたい!2級の難易度は?就職や求人に有利な業種は?

愛玩動物飼養管理士という資格を知っていますか?現在は、「動物の愛護及び管理に関する法律」(以下動物愛護法)による登録対象資格となっています。この愛玩動物飼養管理士2級の難易度や就職・求人などについて詳しく解説します。

愛玩動物飼養管理士とは?

愛玩動物飼養管理士は、公益法人日本愛玩動物協会が認定している民間資格で主に通信講座で習得することができます。愛玩動物飼養管理士の資格は国家資格ではありません。

スポンサーリンク

目的は、動物の愛護及び適正な飼養方法などの啓発を促進するための知識を取得することとなっています。そのため犬・猫だけではなく爬虫類や鳥類などの知識が幅広く必要になります。

愛玩動物飼養管理士には1級と2級があり、1級は2級を習得したもののみが習得することができます。動物愛護法に基づくペット関連の仕事に伴う登録は、2級から登録することができます。ここでは2級の習得について解説します。

資格習得までの流れ

愛玩動物飼養管理士2級は通信講座で習得可能です。申し込みは年2回春(毎年2月1日から4月15日)と夏(毎年6月1日から8月15日)にあります。受講期間は6か月以上です。受講できる年齢は受講する年の4月1日の時点で満15歳以上のものとされています。

受講中に1回近くの会場でスクーリング講座を受講する必要があります。そのほかは送付されてきたテキストで勉強することになります。

試験は年2回、決められた会場で行われます。合否は試験終了後1か月程度で自宅に送付されます。愛玩動物飼養管理士2級は受講料30000円と認定登録料5000円が必要です。

スポンサーリンク

愛玩動物飼養管理士2級の難易度は?

愛玩動物飼養管理士2級の合格率は毎年約80%です。しっかりテキストとDVDで勉強することでほとんどの人が合格することができます。ただ、マークシート方式の100問の課題があります。この課題は締め切り日をきちんと守らないと資格試験を受けることができません。また受講中1回あるスクーリングの出席も必要です。このふたつを受けないと資格試験を受けることができなくなりますので注意しましょう。

資格試験はマークシート方式の筆記試験になります。決められた会場で試験を受けることになります。

愛玩動物飼養管理士2級の就職は?

愛玩動物飼養管理士の資格を習得することで就職することができる業種はやはり動物関係の仕事になります。主にペットショップやペットシッター・動物病院で働いている人が多いようです。

求人に有利な業種は?

愛玩動物飼養管理士は、動物に関する基本的な知識を身に着けることができ、動物取扱業として登録することができます。そのためペットショップやペットホテル・動物病院などで有資格者として優遇されることがあります。また昇進や昇給に有利になることも考えられます。

愛玩動物飼養管理士の現状

愛玩動物飼養管理士の資格が認定され始めたころは、動物愛護法により動物取扱業としての登録が必要となりました。ペットショップなどを運営するうえで登録に必要な資格ということで多くの動物関連の業者の方が資格を習得していました。現在では愛玩動物飼養管理士以外にも多くの資格があり、業者の方の受講は少なくなっているようです。

現在では普通にペットを飼っている方が動物の知識などを学ぶために受講することが多くなってきています。

まとめ

愛玩動物飼養管理士2級の資格はとても習得しやすい資格です。愛玩動物飼養管理士の目指すものは動物の適正な飼養方法を広く一般に知らせるというものです。安易にペットの飼育放棄や多頭飼い崩壊など飼養に関する問題が増えている現状では、とても大切な資格ともいえます。現代のニーズにマッチした将来性のある資格ともいえるでしょう。

(Visited 40 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)