関節炎とジャーマンシェパード

愛する飼い犬が関節炎の症状に苦しむのを見るのはつらいものです。そしてこの身体を弱らせる病気に苦しむ度合いが最も大きいのは,ジャーマンシェパードに代表されるような大型犬です。彼らは体重が重いために,まず,重要な関節にかかる負荷がより大きくなります。更に,いったん発症した関節炎の進行を止めるために獣医は軽い運動を勧めますが,体重が重いとその妨げにもなります。

大型犬の苦悩

身体が大きいせいで,ジャーマンシェパードはそもそも関節や骨の障害を受けやすいのが実情です。例えば股関節形成異常症,靱帯断裂,骨軟化症その他の疾患にかかり,それらが後年,関節炎の進行に繋がります。股関節,膝,そして足をけがすると,それらは全て,関節炎の進行を早める原因になり得ます。

多くの大型犬は年を取るにつれて何らかの関節炎と付き合わねばならない可能性が出てくるのですが,獣医師や犬専門の栄養士は効果の高い治療や予防のためのプログラムを持ち合わせており,それらを利用することによってあなたの犬は状態が楽になるかもしれません。

人間における関節炎と同様に,犬の関節炎も治療は難しいもので,完全な治癒ということはありません。とはいうものの,犬がより楽になるように,飼い主ができることというのはたくさんあります。

関節炎に対する5つの方法

体重コントロール

体重が重ければ重いほど関節炎は悪化するものです。太りすぎかなと思ったら,低カロリーの食事に切り替えてみてはどうでしょう。掛かりつけの獣医師に相談すれば,犬種に応じてふさわしい物を提示してくれるはずです。

スポンサーリンク

運動の習慣をつける

すでに関節炎に苦しんでいる犬に過剰な運動をさせても意味がありませんが,穏やかな運動を習慣的に行うことは,若い犬であれば関節炎の予防になりますし,年老いた犬であれば関節炎の症状を軽減する助けになります。運動を嫌がる大型犬には,好きなおもちゃやヘルシーなおやつでその気にさせてあげ,身体を動かすよう誘導しましょう。

休息の時間を快適なものに

関節炎の犬は,横になる,起き上がると言った動作が困難になりますから,休んだり眠ったりする場所をもっと快適にしてあげることが重要です。赤ちゃん用のマットレスや,ふかふかとしたゴム製のパッドなどを買い与えると良いでしょう。少なくとも12インチの厚みがあることが望ましいです。単純な対応策のようですが,犬の動作の助けになりますし,痛みも軽くなります。

特別な食事や補助食品

骨や関節の健康を支えるようなレシピを探してみましょう。例えばPEDIFGREER Senior Complete Nutrition for Dogsのようなフード派,グルコサミンとカルシウムを補うことのできる自然素材を含んでおり,更に関節の健康を促進するとして獣医師が推薦する,その他のビタミンやミネラルも入っています。関節炎のかかり初めには,このような食事と補助食品とを合わせて与えるのが最良の手段です。

痛みの軽減

犬が痛みに苦しむ様子を見たい飼い主はいないはずです。痛みを楽にするための様々な医学的な方法を,獣医師は持ち合わせており,関節の震え,腫れ,痛みといった関節炎の症状は,炎症を抑える薬によって治療できます。犬が動くのを嫌がったり,動く時に苦しそうにしているようならば,必ず獣医を訪れるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です